« さすが純正品? | トップページ | 意外と不便なオートチャージ付きパスモ »

2007/04/29

電気の資料館

2007年4月29日

3連休の中日、天気が良くて出かけるには最高なので、以前から行きたいと思っていた「電気の資料館」に行ってきました。川崎駅からバスで15分、無料シャトルバスもありますが1時間に1本なので、普通の路線バスを使いました。バスを降りて歩いていくと、どかーんと11階建てのビルが。「資料館」と言うからには3階建てくらいの建物だろうと思っていたら、大間違いでした。なお建物自体は東京電力の研究所か事務所で、資料館はそこの2階部分(実質的には3階?)を占めています。電気の資料館外観


最初に電気の先駆者達、琥珀による静電気の発見者タレスから始まり、ヴォルタ、クーロン、アンペールと言った電気の単位になっている学者達、そして交流複素解析のシュタインメッツまで。電気の歴史はエジソンを抜きにしては語れないのですが、こうやって並べてみると、学者達の中にエジソンが入っているのが不思議な感じがします。「シュタインメッツの式」には、モーターの特性解析でいろいろお世話になりました。

ここの売り物は、実物展示です。初期の電球、発電機を初めとして、巨大なタービン発電機、水車発電機まで、良くここまで運んだというような物もあります。特にタービン発電機のカットモデル、リンゴのように1/4カットにしてあるのですが、あの巨大な鍛造シャフトごと、良くここまできれいに切ったものです。タービン発電機カットモデル

発電機用の水車の銘板も展示されていました。世界的な水車メーカーフォイト社のもので、北斎の「神奈川沖波浪」の波を社章にしています。一度実物を見たかったのが、見られました。フォイト社の銘板、社章に注目


説明用のビデオもレベルが高く、絶縁破壊に興味があったのでボタンを押したら、タウンゼント放電から電子雪崩、ストリーマ放電まで、需要増大に対する電力の増強の説明は、大学の「電力系統工学」で教わった以上の内容です。いやあ、圧倒されました。この資料館の紹介が電気学会雑誌に取り上げられたのも、納得です。

ミュージアムショップに本がいろいろありましたが、専門書、それも大学の教科書に使われる本もずらりと並んでいました。こういう博物館に誰が来るのかと思いましたが、「また来よう」と言ってる人もおり、実は小生もリピーターになりそうです。その前に、うちの会社の若い連中を、勉強のために来させねば。

« さすが純正品? | トップページ | 意外と不便なオートチャージ付きパスモ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

電気に興味がある方には、楽しそうな感じですね。私は難しい事はサッパリで(笑)実は、東京電力は父が定年まで勤めていました。横浜火力発電所です。今は、東電の関係に勤めています。

コメントありがとうございます。

>memoreさん
関係者でしたか(笑)。同級生にも、今東電の横浜支社に勤務しているのがいます。連休中ということで、子供向けのクイズが出ていました。間違い探しで、写真にあるタービン発電機は「横浜火力発電所にあった。」というもの。正解は千葉発電所でしたが、横浜火力発電所といったら、東電の重要な発電拠点です。
同じ電気科出身でも小生は強電(こういう言葉も、死語かなあ)だったため、発電機や電力系統については、しっかり教わりました。

GWのんびりなさってますか。
電気、エジソンで京都の岩清水八幡を思い出しました。エジソンが当地の竹を使ったそうで、たしか石碑が有ったと思います。
35年も前ですが、枚方に住んでた頃、子供達と時々ハイキングしました。
我家の豚児が帰ってきてます。また太ったみたいで、河馬児じゃないのと心で思いながらも、せっせと食べさせてます。

>meeさん
京都は電気の歴史にも縁があるところです。エジソンの電球の竹、琵琶湖疎水の水力発電、日本最初の路面電車、等々。古いようで、進取の気性に富んでいるんですね。
小生も学生の頃、実家で食いだめをしていました。最近では、「ちょっと待て、その一口がブタになる。」です。

立派な資料館ですね。流石、東○電力ですね。
小向の「東○科学館」とは雲泥の差です。
強電制御は、今も、これからもずっと必要なエネルギー利用の方法だと思います。が、エネルギー原料に何を使用するかが、今後の大きな問題でしょう。南海さんの記事内容とは直接関係の無い話で恐縮なのですが、近頃の日本は(企業、政治も含め)原子力利用に肩入れし過ぎの感があります。危険かつ、開発に金の掛かる原子力ばかりに目を向けて、風力、太陽光など自然エネルギーの利用に注力しないのは何故でしょう?

>digiさん
電力会社が原子力に力を入れているのは、計算上一番発電単価が安いからです。おそらく国策で、廃棄物処理の費用が安く算出されているのだと思います。廃炉費まで入れると、もっと発電単価が跳ね上がるはずなんですけど。
自然エネルギーは変動が激しく発電品質が落ちるため、補助金も含めある程度政治的な働きかけがないと、普及しないと思います。普及させようとすると小さな発電設備が沢山できますから、要は面倒なんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電気の資料館:

« さすが純正品? | トップページ | 意外と不便なオートチャージ付きパスモ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ