« 吉備の国へ(2) | トップページ | 携帯からの投稿テスト »

2007/04/06

吉備の国へ(3)

2007年3月4日(日)

カミさんは今日コンサートの切符を取っており、朝の新幹線で横浜に戻る。切符の売り出しは半年前なので、それからいろいろ事情が変わると、こういうことになる。小生は1人で吉備国分寺へ向かう。総社は雪舟の故郷


吉備国分寺のある総社まで、岡山からは吉備線でも伯備線でも行ける。ちょうど良い時間は吉備線だったので、吉備線で向かう。吉備線は初乗りだ。岡山は山陽本線の途中駅であるが、宇野線、吉備線、津山線と3つの線の始発駅で、さらに山陽本線の途中から分岐する伯備線と赤穂線も岡山が実質的な始発駅となっているため、実に7方向の列車が発着する。それに新幹線を入れると、9方向になる。行き先表示を見ていても、宿毛、松山、鳥取と、飽きない。新幹線が岡山までだった頃は、もっと華やかだったろう。

吉備線は非電化で、車両はワンマンのキハ40、窓は下半分が固定で上が可動と、JR西日本独特の改造がなされている。吉備線の途中に、備中高松がある。豊臣秀吉(その時はまだ羽柴秀吉)が水攻めにした城があったところだ。車窓から大きな鳥居が見える。あとで調べたところ、西条稲荷(高松稲荷)のようだ。
っそうじゃは雪舟の生まれたところ(知らなかった!)で、修行した宝福寺は観光名所になっている。備中国分寺とは方角が違うので今回パスしたが、ここにも重文の三重の塔があった。吉備国分寺五重塔

総社から備中国分寺まではバスがあるが、列車に全く接続していない。仕方なしにタクシーを使う。タクシーの中で鬼ノ城のパンフレットを渡され盛んに行けと勧められるが、遠そうなので止める。タクシーの運転手の「すぐ近く」ほど当てにならないものはない。備中国分寺は一旦廃寺になり江戸時代に復元されたものだそうだが、見事なものだ。五重塔の一層目に十二支の彫刻があり、それぞれの方角を示しているのが面白い。周りに何もないので、写真は遠景がきれいだ。十二支の彫刻


ゆっくり史跡を眺めさて帰ろうと思ったが、バス停らしいものがない。丑のアップ
天気が良いので、旧山陽道を歩く。まさに吉備路である。このあたりは古墳が多い。やはり一大勢力があったのであろう。小生はかつて、魏志倭人伝に吉備国の記述がないことを邪馬台国九州説の根拠としたレポートを書いたことがあった。案内には資料館が二つあることになっているが、どちらも施錠されている。結局何もなく、見つけた交番で電話を借り、タクシーを呼んでもらう。天気が良かったので、良い散歩だった。

総社で帰りの料金表を見たら、何と吉備線経由は伯備線経由より安い。岡山駅の表示は、どちらも480円で同じ値段だった。伯備線が濃霧で遅れていることもあり、400円の吉備線経由にする。JR東日本のオレンジカードでちゃんと買えた。JR四国の特急車もいます


岡山に戻ったら、今度は岡山電軌の乗りつぶしにかかる。もう2週間後だとイコカが使えるようになり、提携しているスイカがそのまま使えたのだ!まずは東山へ、ここに車庫がある。道路の両側に分かれ、それぞれ線路に直角になっているのが面白い。話題の低床車「モモ」(ミヒャエル・エンデではなく、桃太郎のモモ)は出払っているようだ。一旦柳川に戻り、今度は清輝橋へ。こちらは何の変哲もないところだ。岡山駅に戻ったところで、モモと遭遇した。低床車「momo」


帰りの新幹線は売店にビールのミニ缶があったので購入し、久しぶりに飲みながらの旅行になった。

(完)

« 吉備の国へ(2) | トップページ | 携帯からの投稿テスト »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

吉備の国楽しく読ませて頂きました。山陰、山陽路をのんびりと旅したくなりました。
主人は60才位から旧東海道を歩き、紀行文を本にしました。その後中山道も走破して、こちらもそろそろ印刷に出すようです。
遺跡にもこっていて、殆どの有名処は行ったようです。南海さんとお話が合うかもしれませんね。
ドラ1さんお父さんにそっくりですね。
うちの豚児からは「連休かえる」と電報より短い電話が有りました。娘とは毎日長電話です。

コメントありがとうございます。

>meeさん
全部お読みいただき、ありがとうございます。ご主人、お元気ですねえ。小生は最近とみに体力の衰えを感じています。ドラ1も小生に似て、文章が長いです(笑)。ドラ2からは、半年に1回くらいメールが来ます。

総社、備中国分寺、伯備線etc...懐かしい名前が続き楽しく読ませていただきました。
このあたりいまだに不便なんですね。
ドラ1、ドラ2のネーミングには笑いました。

すいません。名前を入力するのを忘れてしまいました。うめでした。(^_^)

>うめさん
今、ちょっと田舎に行くと公共交通機関はどんどん無くなっているので、不便なところはそのままですね。だんだん車がないと何にもできない、アメリカみたいな社会になってきています。それでも断固として(最近は仕方なしに)公共交通機関を使って旅行しています。
meeさんのところに書いたようにいろんな名前がありますが、結局ドラで落ち着きました(^_^;。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉備の国へ(3):

» はとバス [はとバスで日帰りバスツアーがおすすめ!]
はとバスの情報を紹介します。東京観光など、はとバスのツアーの見どころを紹介。 [続きを読む]

« 吉備の国へ(2) | トップページ | 携帯からの投稿テスト »

フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ