« 東工大一般公開 | トップページ | 吉備の国へ(2) »

2007/04/04

吉備の国へ(1)

岡山に行ったときの旅行記をアップします。3回連続となります。
初回は写真無しです。
-------------------------------------

2007年3月2日(金)

会社を定時に上がり、途中のコンビニで夕食を買い込み、新横浜へ向かう。これから岡山へ向かうのだが、会社に定時までいて夜10時前に岡山に着けるのだから、「のぞみ」になって本当に早くなった。18:32発のぞみ69号広島行き、700系である。のぞみの増発により、500系に当たる確率が少なくなった。席は13号車の窓側E席、岡山にいるドラ息子に頼まれたスーツまで抱えているので、荷物が多い。幸いD席が空いていたので荷物を網棚にあげ、弁当を抱えて席に着く。D席の人は後で待っていてくれた。

走り出したところでテーブルに弁当を広げる。ところがコンビニで買った弁当は図体が大きく、サラダまでテーブルに乗りきれない。やはり駅弁というのは良くできている。

東海道新幹線は、以前は京都に良く(仕事で)通っていたのだが、最近は名古屋までのことが多く、まして大阪より先に行きのは久しぶりである。夜なのが残念だ。さすがに新大阪を過ぎると客が少なくなるが、新大阪までほぼ満席なのはすごい。また新大阪までは3分後に新大阪行きののぞみが付いてきており、名古屋と京都ではこののぞみが動き出したところで隣のホームに入ってくる。いつ見てもすごいと思う。

21:37岡山着。岡山は久しぶりだ。20年以上経っているだろう。客の流れに沿って中央口から出る。ところが先に付いているはずのカミさんがいない。出たところに地図があり、右手が東口になっているので、ホテルのある東口の方に向かう。ところがこれが間違いの始まりだった。実は改札口は南に面しており、出て右手は西口なのだが、改札口の正面に地図の原則通りの「上は北」に書いてある地図があるため、地図の表示と実際の位置はまるで逆になっていたのだ。しばらく歩き、かなり歩いてまた戻る。改札口前の通路の上に表示があり、左の矢印で「中央口(在来線)」、まっすぐの矢印で「切符売り場、新幹線」とある。他に改札口は無さそうだ。そこで今度は反対側に行ってみて、階段を降りてみる。

カミさんは携帯が嫌いで、携帯を持っていない。途中で2回小生の携帯に電話だ入ったが、留守録になったところで切ってしまうので、いる場所がわからない。小生は荷物が多いので、すぐに出られないのだ。1時間ぐらいうろうろして、やっと「新幹線」と書いてある方向に「新幹線口」があることに気がついた。駅の構造が悪く、どの方向から来ても壁の影になり、見えない位置にある。列車を降りても、列車の後半分から来ると階段の正面には売店があり、新幹線口はその裏手になっている。これでは地元の人しかわからない。「切符売り場、新幹線」の表示の下で女の人がおろおろしながら「新幹線の乗り場はどこですか?」と駅員に聞いていたので、誤解するのは小生だけでは無さそうだ。カミさんは新幹線口の正面、逆に言うと他からは全く見えないところに待っていた。カミさんの席は前の方で、人の流れ通りに来ると新幹線口から出たらしい。明日が早くないから良いが、1時間以上無駄にした。

(つづく)

« 東工大一般公開 | トップページ | 吉備の国へ(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

名古屋、京都、大阪から帰ってきました。お天気は夜に雨が降り日中は晴れで、盛り沢山の行事も無事楽しくこなしてきました。
名古屋のコンサートは、学生音楽コンクールの一位の方達が出演者で、中学生のピアニストから世界で活躍中のアーチストまでとバラエテイにとみ楽しかったです。圧巻は舘野泉さん、右半身がご不自由なのに左手だけで迫力ある演奏に感激しました。
名古屋駅は慣れているつもりですが、ホームに立つと上り下りに戸惑います。東海道線は殆どが東西なのに、名古屋は南北だからでしょうか。
西日本は広島までしか乗った事がないですが、瀬戸内の美しい風景が素敵でした。
帰りは景色をご覧になれたのでしょうか。

昨年、久しぶりに岡山に出張した時は飛行機だったので、駅のつくりの記憶が無いのですが、とにかく金曜夜の新幹線は混んでいますね。携帯がお嫌いな方は時々いらっしゃいますが、どうしても連絡を取りたい時は困りますね。我が家だったら喧嘩になりそうなケースです(苦笑)

コメントありがとうございます。

>meeさん
着るものを心配されていた名古屋のコンサート、無事に終わりましたね。それから京都、大阪、お疲れ様でした。名古屋には舘野さんも出演されていたのですか。カミさんは舘野さんが倒れられる前の最後のコンサートを聴いています。
東京駅もホームは南北ですが、名古屋駅とは逆向きですね。とまどわれるのはそのせいでしょうか。岡山までの山陽新幹線はトンネルが多く、車窓は楽しめません。

>miyaさん
金曜日の夜の新幹線、は本当に混んでいますね。夜の岡山駅の新幹線口では、単身赴任のお父さんらしき人が大量に降りてきたそうです。この騒ぎでカミさんは携帯を持つようになるかと思ったら、「私は困ってないもん。」です(^_^;。

駅弁は冷めても美味しく、揺れても汁物がこぼれないなどの工夫がされているようですね。先日京都へ行って来ましたが、しっかり駅弁を確保しました。吉備の国!高校の修学旅行で、きな粉味のきび団子を食べあ記憶があります。やはり食べ物関係のコメントで失礼致しました。三回シリーズの初回からのハプニング、何やら続きも期待してしまいます(何を期待してるかって?)
東工大はその昔実家の兄が付属の高校に通っておりましたし、その息子は数回挑戦しましたが桜咲かずでした。昨日はメンテナンス中でしたので、コメントできませんでした。長いメンテナンスでしたね。

>chokoさん
駅弁のすぐれていることを、再認識しました。岡山は吉備団子より、「ままかり」の方がなじみがあったのですが、今回は縁がありませんでした。
ココログのメンテナンスは長時間かかる割に、その後トラブル続きというのが通り相場だったのですが、今回はすんなり立ち上がったようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉備の国へ(1):

« 東工大一般公開 | トップページ | 吉備の国へ(2) »

フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ