« またまた医者のはしご | トップページ | 電気の資料館 »

2007/04/28

さすが純正品?

2007年4月28日

小生が使っているコンタクト(ソフト)は東レ製です。東レ製のコンタクトはもっぱら医療用のようで、一般にはあまり聞かないメーカーです。最初に買ったときに純正品の洗浄剤なども買ったのですが、東レ製の純正品はどこの薬局でも置いて無く、またたんぱく除去の操作があまりにも面倒なので、切れたあとは他のメーカーのものを使っていました。コンタクト自体はタイプⅡ(機種依存文字、すみません)と呼ばれるソフトコンタクトなので、ボシュロムやシードの物でも使えるのですが、使っているうちにだんだんコンタクトの透明度が落ちてきました。以前は保存液の中に入れるとどこに行ったかわからなくなっていたのが、わかるようになってきたのです。これはメーカーが違うせいではなく、きちんとしたたんぱく除去剤を使っていないことが原因とわかったのですが、その間に注文しておいた純正のたんぱく除去剤が入荷し、それを使い始めました。

ちなみに東レのたんぱく除去剤の操作法は、
1)たんぱく除去剤(粉)をコンタクトケースに入れ専用液で溶かし、煮沸する。(約70分)
2)煮沸し終わり温度が下がったところで液を捨て、洗浄液(生理食塩水)を満たして1分後に捨てる。それを2回繰り返す。
3)もう一度洗浄液を入れ、今度は10分放置し、捨てる。
4)次にクリーナー(洗剤)で30秒振り洗いし、洗剤が残らないように洗浄液ですすぐ。
5)ケースに洗浄液を満たし、もう1回煮沸する。

この手間、休日かその前日でないと、とてもできません。行きつけの眼鏡屋さんも、2回煮沸など聞いたことがないと言っていました。ただ取り柄は、翌朝の処置が全くないことです。前日に時間を取っておけば、翌朝は楽です。

さてこの純正品に切り替えたら、コンタクトの透明度が上がってきました。また保存液の中であるのか無いのかわからない状態です。うーん、さすが純正品です。
毎日の洗浄も純正のクリーナーに戻しましたが、最近は旅行の時は煮沸セットは持って歩かず、煮沸しないタイプの洗浄剤を使っています。コンタクトのためには、煮沸したりしなかったりというのは良くないと言われていますが、荷物が多いときには煮沸セットはじゃまです。先日の熊本行きの3泊は煮沸無しにしました。しかし煮沸無しの日が長くなると保存液が古くなってくるので、少し気にしています。7月に4泊の北海道旅行を企てていますが、煮沸セットを持っていくかどうか、迷っているところです。

« またまた医者のはしご | トップページ | 電気の資料館 »

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さすが純正品?:

« またまた医者のはしご | トップページ | 電気の資料館 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ