« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/29

電気の資料館

2007年4月29日

3連休の中日、天気が良くて出かけるには最高なので、以前から行きたいと思っていた「電気の資料館」に行ってきました。川崎駅からバスで15分、無料シャトルバスもありますが1時間に1本なので、普通の路線バスを使いました。バスを降りて歩いていくと、どかーんと11階建てのビルが。「資料館」と言うからには3階建てくらいの建物だろうと思っていたら、大間違いでした。なお建物自体は東京電力の研究所か事務所で、資料館はそこの2階部分(実質的には3階?)を占めています。電気の資料館外観


最初に電気の先駆者達、琥珀による静電気の発見者タレスから始まり、ヴォルタ、クーロン、アンペールと言った電気の単位になっている学者達、そして交流複素解析のシュタインメッツまで。電気の歴史はエジソンを抜きにしては語れないのですが、こうやって並べてみると、学者達の中にエジソンが入っているのが不思議な感じがします。「シュタインメッツの式」には、モーターの特性解析でいろいろお世話になりました。

ここの売り物は、実物展示です。初期の電球、発電機を初めとして、巨大なタービン発電機、水車発電機まで、良くここまで運んだというような物もあります。特にタービン発電機のカットモデル、リンゴのように1/4カットにしてあるのですが、あの巨大な鍛造シャフトごと、良くここまできれいに切ったものです。タービン発電機カットモデル

発電機用の水車の銘板も展示されていました。世界的な水車メーカーフォイト社のもので、北斎の「神奈川沖波浪」の波を社章にしています。一度実物を見たかったのが、見られました。フォイト社の銘板、社章に注目


説明用のビデオもレベルが高く、絶縁破壊に興味があったのでボタンを押したら、タウンゼント放電から電子雪崩、ストリーマ放電まで、需要増大に対する電力の増強の説明は、大学の「電力系統工学」で教わった以上の内容です。いやあ、圧倒されました。この資料館の紹介が電気学会雑誌に取り上げられたのも、納得です。

ミュージアムショップに本がいろいろありましたが、専門書、それも大学の教科書に使われる本もずらりと並んでいました。こういう博物館に誰が来るのかと思いましたが、「また来よう」と言ってる人もおり、実は小生もリピーターになりそうです。その前に、うちの会社の若い連中を、勉強のために来させねば。

2007/04/28

さすが純正品?

2007年4月28日

小生が使っているコンタクト(ソフト)は東レ製です。東レ製のコンタクトはもっぱら医療用のようで、一般にはあまり聞かないメーカーです。最初に買ったときに純正品の洗浄剤なども買ったのですが、東レ製の純正品はどこの薬局でも置いて無く、またたんぱく除去の操作があまりにも面倒なので、切れたあとは他のメーカーのものを使っていました。コンタクト自体はタイプⅡ(機種依存文字、すみません)と呼ばれるソフトコンタクトなので、ボシュロムやシードの物でも使えるのですが、使っているうちにだんだんコンタクトの透明度が落ちてきました。以前は保存液の中に入れるとどこに行ったかわからなくなっていたのが、わかるようになってきたのです。これはメーカーが違うせいではなく、きちんとしたたんぱく除去剤を使っていないことが原因とわかったのですが、その間に注文しておいた純正のたんぱく除去剤が入荷し、それを使い始めました。

ちなみに東レのたんぱく除去剤の操作法は、
1)たんぱく除去剤(粉)をコンタクトケースに入れ専用液で溶かし、煮沸する。(約70分)
2)煮沸し終わり温度が下がったところで液を捨て、洗浄液(生理食塩水)を満たして1分後に捨てる。それを2回繰り返す。
3)もう一度洗浄液を入れ、今度は10分放置し、捨てる。
4)次にクリーナー(洗剤)で30秒振り洗いし、洗剤が残らないように洗浄液ですすぐ。
5)ケースに洗浄液を満たし、もう1回煮沸する。

この手間、休日かその前日でないと、とてもできません。行きつけの眼鏡屋さんも、2回煮沸など聞いたことがないと言っていました。ただ取り柄は、翌朝の処置が全くないことです。前日に時間を取っておけば、翌朝は楽です。

さてこの純正品に切り替えたら、コンタクトの透明度が上がってきました。また保存液の中であるのか無いのかわからない状態です。うーん、さすが純正品です。
毎日の洗浄も純正のクリーナーに戻しましたが、最近は旅行の時は煮沸セットは持って歩かず、煮沸しないタイプの洗浄剤を使っています。コンタクトのためには、煮沸したりしなかったりというのは良くないと言われていますが、荷物が多いときには煮沸セットはじゃまです。先日の熊本行きの3泊は煮沸無しにしました。しかし煮沸無しの日が長くなると保存液が古くなってくるので、少し気にしています。7月に4泊の北海道旅行を企てていますが、煮沸セットを持っていくかどうか、迷っているところです。

2007/04/23

またまた医者のはしご

2007年4月23日

最近は病院に行く間隔が開いてきましたが、今日は珍しくはしごです。まず循環器のためT病院へ。ずっと見てもらっていたN先生が退職されたため、新しい先生です。少し間隔が開いたこともあり、また自分でも確認したいとも思われたのか、24時間ホルター心電図と心エコーの検査が入りました。ホルターは5月、心エコーは6月です。

ホルター心電図は今まで8月のお盆休みに引っかけてやっていたのですが、今回は7月の次回診察までにということなので、会社のある日です。金曜日装着土曜日返却にしてもらったので会社の休みは1日だけですが、機械をぶら下げたまま会社に行くことになります。ホルターはもう何回もやっているのですが、会社に機械をぶら下げていくのは初めてです。最近はメモリーカード式の小さな機械も出ているのですが、T病院のはカセットテープ式の大型の物で目立ちます。メモリーカード式に変更するためにはシステム全体を変更しなければならず、「お金がないのよ。」とは担当の先生(技師)の弁です。そろそろ会社に心臓が悪いことがばれるかな。

時間があるので一旦帰宅し、午後からはF病院の眼科へ。視力は先月と同じ0.07で、今度はS先生に見てもらいました。眼底も安定(ひょとすると、小康?)しているので、次回は2ヶ月先の6月になりました。今まで「コンタクト外来」の午後だったのですが、久しぶりに午前中です。手術から1年経過、ひょっとすると教授に回されます。

肝臓心臓に加え、眼科も間隔が開き始めました。そのうち全く病院に行かない月が出現しそうですが、もしそうなれば1992年以来です。

2007/04/22

藤の花

2007年4月22日

digiさんのブログを見て、自宅近くの公園に藤の花を見に行きました。近くによると、良い香りがします。藤も見頃は短く、あっという間に見られなくなります。公園の藤


この写真、最近買ったLUMIX DMC-FZ8の試運転です。以前のOLYMPUS C-700と比べるとシャッターのタイムラグが格段に少なく、電車を撮るときには威力を発揮しそうです。松下のデジカメは手ぶれ防止が強力なので、とっさに片手で撮るときや、今日のように片手に荷物を持っているときでも、安定して撮れそうです。藤のアップ


話は変わりますが、小生のホームページの「インターフェロンに挑戦」に1994年と1995年を追加し、やっと1985年から2006年まで繋がりました。この1994年と1995年には、肝臓ではHBs抗原がマイナスになり、その他では親父が死んで姉が倒れています。やはりいろいろ起こっています。

2007/04/21

通信工学大鑑

2007年4月21日

熊本の実家の片付けの一つの目的は、自分の本を整理することでした。大学卒業後会社の独身寮に入りきれない荷物(主に本)は実家に置きっぱなしになっており、また一旦実家に帰ったあとまた出ていったときにはかなりの物(これまた、主に本)を置きっぱなしにしていたため、自分の本がかなり残っていました。このうち必要な物や自分で処分した方が良い物(成績表など(^_^;)を東京に送り、あとは「これは処分して良い」と表示する作業です。

予想外の物もいろいろ出てきましたが、昔親父からもらった「通信工学大鑑」がそのまま残っていました。親父は旧制中学しか出ていませんが登用試験を受けて将校になり、本部付きの通信将校をやっていました。その時「貯金をはたいて買った。火事の時はこれだけ持って逃げた。」と聞かされていたのがこの通信工学大鑑です。電気通信学会(現在の電子情報通信学会)編で、昭和19年8月発行、売価35円と記載があります。今の価格に直すと、30万円くらいにはなるでしょうか。内容は当時の最先端で、マイクロ波や導波管の記述もあります。

なおこの通信工学大鑑は電信電話学会(その後電気通信学会、電子通信学会を経て、現在の電子情報通信学会)が大正15年に最初に発行した通信工学ポケットブックから数えてハンドブックシリーズの3代目に当たり、小生が持っている電子情報通信ハンドブックは8代目に当たります。小生は実家の商売を継ぎませんでしたが、電子工学の分野ではしっかり跡を継いでいるようです。

2007/04/17

熊本から帰ってきました

2007年4月17日

昨日(16日)夜、無事熊本から帰ってきました。こういういつもいないところの片付けは、日頃身体と頭の使っていない部分を使うので、すごく疲れます。おまけに実家の近くは寂れて泊まるところもなく(昔は天皇陛下がお泊まりになったホテルもありました)、13日の夜は熊本泊まり、翌日は天草に行き、15日は三角線で熊本に戻って泊まると、宿も転々としました。天門橋


しかし自分のものは片付き、自分としてはもう行く必要はなくなりました。実家自体の片付けは、まだまだです。
写真は14日の夜、料理屋の窓から撮った、天草五橋の1号橋、天門橋です。

追伸:meeさん、完全著効、おめでとうございます\(^O^)/。

2007/04/15

今熊本にいます

13日(金)の夜から、熊本に来ています。実家の片付けのためで、16日(月)に東京に帰ります。

今日(14日)は天草に泊っていますが、PHSの圏外のため、メールやブログの読み書きができません。これは圏内になったところでの自動送信で、書き込んでいます。もしメールやコメントをいただいていた場合は、返事が遅くなりますので、ご了承ください。

2007/04/11

Iさんにアドバイスと応援をお願いします

2007年4月11日

Iさんという方がいらっしゃいます。Iさんの47歳の奥様がC型肝炎で、ペグ+レベを6ヶ月続けられましたが昨年10月に効果が見られないということで中止になり、スミフェロンの自己注射に切り替えられました。この時でIFNは3回目だったそうですが、すでに肝硬変に移行していたそうです。小生が最初にメールを頂いたのはそのころで、小生に対する質問は、ウルソのIFNに対する影響についてでした。その時お仲間アンテナを紹介したのですが、インターネット環境に不慣れなこともあり、特に書き込みはなされなかったようです。

ところが今日またあらためてメールをいただき、奥様が肝臓にガンらしき腫瘍が発見され、本日(4月11日)ラジオ波を使う手術を行われたそうです。結果はまだ聞いておりません。

C型肝炎から肝臓ガンに移行した場合、ガンは次々に出てきます。そのため肝臓移植を、自分がドナーとなることも含めて検討されているそうです。脳死からの移植は、国内ではまず無理でしょう。

皆様にお願いします。
1)肝臓移植について、何かご存じの方がいらっしゃったら、アドバイスをお願いします。
2)その他、Iさんに対するメッセージ、アドバイス、何でも結構です。なおIさんに対するメッセージは、小生から転送させていただきますが、HNも匿名にされたい方は、その旨付記しておいてください。

小生は、河野洋平、太郎両氏の共著になる「決断-河野父子の生体肝移植」を紹介しました。

ここまで、4月11日23:50記
------------------------------------
追加情報です。
Iさんの奥様の手術は、腫瘍は1カ所だけで2時間ほどで無事終了したそうです。
(4月13日0:30)

2007/04/07

携帯からの投稿テスト

携帯電話PHSからの投稿テストです。うまくいったら、次の旅行はリアルタイムで書き込みます。

2007/04/06

吉備の国へ(3)

2007年3月4日(日)

カミさんは今日コンサートの切符を取っており、朝の新幹線で横浜に戻る。切符の売り出しは半年前なので、それからいろいろ事情が変わると、こういうことになる。小生は1人で吉備国分寺へ向かう。総社は雪舟の故郷


吉備国分寺のある総社まで、岡山からは吉備線でも伯備線でも行ける。ちょうど良い時間は吉備線だったので、吉備線で向かう。吉備線は初乗りだ。岡山は山陽本線の途中駅であるが、宇野線、吉備線、津山線と3つの線の始発駅で、さらに山陽本線の途中から分岐する伯備線と赤穂線も岡山が実質的な始発駅となっているため、実に7方向の列車が発着する。それに新幹線を入れると、9方向になる。行き先表示を見ていても、宿毛、松山、鳥取と、飽きない。新幹線が岡山までだった頃は、もっと華やかだったろう。

吉備線は非電化で、車両はワンマンのキハ40、窓は下半分が固定で上が可動と、JR西日本独特の改造がなされている。吉備線の途中に、備中高松がある。豊臣秀吉(その時はまだ羽柴秀吉)が水攻めにした城があったところだ。車窓から大きな鳥居が見える。あとで調べたところ、西条稲荷(高松稲荷)のようだ。
っそうじゃは雪舟の生まれたところ(知らなかった!)で、修行した宝福寺は観光名所になっている。備中国分寺とは方角が違うので今回パスしたが、ここにも重文の三重の塔があった。吉備国分寺五重塔

総社から備中国分寺まではバスがあるが、列車に全く接続していない。仕方なしにタクシーを使う。タクシーの中で鬼ノ城のパンフレットを渡され盛んに行けと勧められるが、遠そうなので止める。タクシーの運転手の「すぐ近く」ほど当てにならないものはない。備中国分寺は一旦廃寺になり江戸時代に復元されたものだそうだが、見事なものだ。五重塔の一層目に十二支の彫刻があり、それぞれの方角を示しているのが面白い。周りに何もないので、写真は遠景がきれいだ。十二支の彫刻


ゆっくり史跡を眺めさて帰ろうと思ったが、バス停らしいものがない。丑のアップ
天気が良いので、旧山陽道を歩く。まさに吉備路である。このあたりは古墳が多い。やはり一大勢力があったのであろう。小生はかつて、魏志倭人伝に吉備国の記述がないことを邪馬台国九州説の根拠としたレポートを書いたことがあった。案内には資料館が二つあることになっているが、どちらも施錠されている。結局何もなく、見つけた交番で電話を借り、タクシーを呼んでもらう。天気が良かったので、良い散歩だった。

総社で帰りの料金表を見たら、何と吉備線経由は伯備線経由より安い。岡山駅の表示は、どちらも480円で同じ値段だった。伯備線が濃霧で遅れていることもあり、400円の吉備線経由にする。JR東日本のオレンジカードでちゃんと買えた。JR四国の特急車もいます


岡山に戻ったら、今度は岡山電軌の乗りつぶしにかかる。もう2週間後だとイコカが使えるようになり、提携しているスイカがそのまま使えたのだ!まずは東山へ、ここに車庫がある。道路の両側に分かれ、それぞれ線路に直角になっているのが面白い。話題の低床車「モモ」(ミヒャエル・エンデではなく、桃太郎のモモ)は出払っているようだ。一旦柳川に戻り、今度は清輝橋へ。こちらは何の変哲もないところだ。岡山駅に戻ったところで、モモと遭遇した。低床車「momo」


帰りの新幹線は売店にビールのミニ缶があったので購入し、久しぶりに飲みながらの旅行になった。

(完)

2007/04/05

吉備の国へ(2)

2007年3月3日

今日ドラ息子のところに行くことになっているが、空いているのは3時からだというので、それまではゆっくり観光することにする。ホテルは連泊なので、ほとんどの荷物は置いていける。観光と言っても後楽園の周りに固まっているので、楽だ。後楽園前の城下(しろした)まで路面電車で行く。岡山電軌の島式ホーム
岡山電軌はいろいろ新しい方策を取り入れ、話題の多いところ。一部を除き停留場を島式にしているのが面白い。電車の構造は前後に出入り口のあるタイプに限定されるが、横を自動車が通らないので電停でゆっくり待てる。熊本市電が電停の幅を狭くし、電停で待つのが「怖い」と言われるようになったのと、好対照である。

岡山は美術館が多い。後楽園の前に市立オリエント美術館と県立美術館が並んでおり、順に入る。オリエント美術館は展示物もさることながら、建物がすごい。明かり取りはステンドグラスではなく、半透明になるまで薄くした大理石の板だ。写真がないのが残念である。ボランティアの解説の人が付き、その分時間がかかる。県立美術館では、江戸、明治、昭和と3代に渡る東海道五十三次が展示されていた。岡山城天守閣


オリエント美術館で時間を取ってしまったので、岡山城の天守閣には登らない。林原美術館もパスである。後楽園はちょうど梅が満開であった。後楽園に来るのは確か3回目だと思うが、丹頂がいることに今回初めて気がついた。梅満開


夢二郷土美術館で西大寺鉄道の展示をしているので、入る。西大寺は現在は赤穂線になっている。かつてはここに軽便鉄道があったのだ。男の好みの女のタイプは一生変わらないようで、別れても次の女は似たようなタイプになる。夢二もまさにそうだ。夢二郷土美術館


一旦電車で岡山駅に戻り、バスで大学へ、大学正門前でドラ息子と待ち合わせである。まず下宿を眺め、それから大学も見せてもらう。近所の人が構内を散歩している。小生は自分の出た大学や息子がかつていた京都の大学がそうだったのでそれが当たり前だと思っていたが、こういうところは珍しいのだそうだ。さすがに建物にはいるのはIDカードである。学生(院生)なのに研究室には専用の机があり、オフィス並みである。名簿を見たら半分以上は外国人、こういう時代である。ドラ息子が元気そうで何よりであった。

(つづく)

2007/04/04

吉備の国へ(1)

岡山に行ったときの旅行記をアップします。3回連続となります。
初回は写真無しです。
-------------------------------------

2007年3月2日(金)

会社を定時に上がり、途中のコンビニで夕食を買い込み、新横浜へ向かう。これから岡山へ向かうのだが、会社に定時までいて夜10時前に岡山に着けるのだから、「のぞみ」になって本当に早くなった。18:32発のぞみ69号広島行き、700系である。のぞみの増発により、500系に当たる確率が少なくなった。席は13号車の窓側E席、岡山にいるドラ息子に頼まれたスーツまで抱えているので、荷物が多い。幸いD席が空いていたので荷物を網棚にあげ、弁当を抱えて席に着く。D席の人は後で待っていてくれた。

走り出したところでテーブルに弁当を広げる。ところがコンビニで買った弁当は図体が大きく、サラダまでテーブルに乗りきれない。やはり駅弁というのは良くできている。

東海道新幹線は、以前は京都に良く(仕事で)通っていたのだが、最近は名古屋までのことが多く、まして大阪より先に行きのは久しぶりである。夜なのが残念だ。さすがに新大阪を過ぎると客が少なくなるが、新大阪までほぼ満席なのはすごい。また新大阪までは3分後に新大阪行きののぞみが付いてきており、名古屋と京都ではこののぞみが動き出したところで隣のホームに入ってくる。いつ見てもすごいと思う。

21:37岡山着。岡山は久しぶりだ。20年以上経っているだろう。客の流れに沿って中央口から出る。ところが先に付いているはずのカミさんがいない。出たところに地図があり、右手が東口になっているので、ホテルのある東口の方に向かう。ところがこれが間違いの始まりだった。実は改札口は南に面しており、出て右手は西口なのだが、改札口の正面に地図の原則通りの「上は北」に書いてある地図があるため、地図の表示と実際の位置はまるで逆になっていたのだ。しばらく歩き、かなり歩いてまた戻る。改札口前の通路の上に表示があり、左の矢印で「中央口(在来線)」、まっすぐの矢印で「切符売り場、新幹線」とある。他に改札口は無さそうだ。そこで今度は反対側に行ってみて、階段を降りてみる。

カミさんは携帯が嫌いで、携帯を持っていない。途中で2回小生の携帯に電話だ入ったが、留守録になったところで切ってしまうので、いる場所がわからない。小生は荷物が多いので、すぐに出られないのだ。1時間ぐらいうろうろして、やっと「新幹線」と書いてある方向に「新幹線口」があることに気がついた。駅の構造が悪く、どの方向から来ても壁の影になり、見えない位置にある。列車を降りても、列車の後半分から来ると階段の正面には売店があり、新幹線口はその裏手になっている。これでは地元の人しかわからない。「切符売り場、新幹線」の表示の下で女の人がおろおろしながら「新幹線の乗り場はどこですか?」と駅員に聞いていたので、誤解するのは小生だけでは無さそうだ。カミさんは新幹線口の正面、逆に言うと他からは全く見えないところに待っていた。カミさんの席は前の方で、人の流れ通りに来ると新幹線口から出たらしい。明日が早くないから良いが、1時間以上無駄にした。

(つづく)

2007/04/01

東工大一般公開

2007年4月1日

昨日は地元でお花見をしましたが、今日まで大岡山の東工大の構内が一般に開放されていると聞き、出かけてきました。東工大は高校時代あこがれの学校だったので、中を見てみたいという気もありました。本館前はすごい人出

さて着いてみると、正門からの桜並木の下はシートを広げて酒盛りで、まさに宴会。大学の構内なのだから少しは遠慮したらと思う小生は、古いのでしょうか。しかし桜は見事でした。人出もすごかったですが。緑ヶ丘地区

少し離れた緑ヶ丘地区に来ると、さすがにシートを広げる人はいず、落ち着いた雰囲気です。こちらの方がゆっくり桜を楽しめました。昔と変わらない碑文谷公園


帰りに碑文谷公園によってみました。大昔(1960年代)の独身時代に、カミさんと一緒に来たことがあります(つまり、デートですな(^_^;)。変わったのは東横線が高架になったくらいで、時間が止まっているような感じでした。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ