« 携帯からの投稿テスト | トップページ | 今熊本にいます »

2007/04/11

Iさんにアドバイスと応援をお願いします

2007年4月11日

Iさんという方がいらっしゃいます。Iさんの47歳の奥様がC型肝炎で、ペグ+レベを6ヶ月続けられましたが昨年10月に効果が見られないということで中止になり、スミフェロンの自己注射に切り替えられました。この時でIFNは3回目だったそうですが、すでに肝硬変に移行していたそうです。小生が最初にメールを頂いたのはそのころで、小生に対する質問は、ウルソのIFNに対する影響についてでした。その時お仲間アンテナを紹介したのですが、インターネット環境に不慣れなこともあり、特に書き込みはなされなかったようです。

ところが今日またあらためてメールをいただき、奥様が肝臓にガンらしき腫瘍が発見され、本日(4月11日)ラジオ波を使う手術を行われたそうです。結果はまだ聞いておりません。

C型肝炎から肝臓ガンに移行した場合、ガンは次々に出てきます。そのため肝臓移植を、自分がドナーとなることも含めて検討されているそうです。脳死からの移植は、国内ではまず無理でしょう。

皆様にお願いします。
1)肝臓移植について、何かご存じの方がいらっしゃったら、アドバイスをお願いします。
2)その他、Iさんに対するメッセージ、アドバイス、何でも結構です。なおIさんに対するメッセージは、小生から転送させていただきますが、HNも匿名にされたい方は、その旨付記しておいてください。

小生は、河野洋平、太郎両氏の共著になる「決断-河野父子の生体肝移植」を紹介しました。

ここまで、4月11日23:50記
------------------------------------
追加情報です。
Iさんの奥様の手術は、腫瘍は1カ所だけで2時間ほどで無事終了したそうです。
(4月13日0:30)

« 携帯からの投稿テスト | トップページ | 今熊本にいます »

C型肝炎治療記」カテゴリの記事

コメント

gukkyさんとこいくべし。某hさんの情報があるはず。

コメントありがとうございます。

>ばんばんさん
すべて了解、ありがとうございます。

私は、3年以上前に、C型肝硬変から、肝不全になり、肝移植をしました。生体肝移植でした。癌は10ミリ以内のものが一つ、後、前がん病変のものがかなりあったと聞いています。Iさんの奥様は私よりは、かなり状態もよく、癌も一つとのこと、ミラノ基準内なら、健康保険の適用もあると思います(私の時は、適用前の手術でしたので、ただ、額はここではかけません)。ただ、移植後も、C肝の再発はほとんどの人でありますし、免疫抑制剤の為、癌のリスクもないとはいえません。でも、私はインターフェロンで、現在ウイルスは陰性化して、元気です。もし、情報が必要でしたら、メールはお知らせすることはできます。 ただ、ドナーは必ずしも、ドナーになれるかは、詳しく調べてみないと分かりません。難しいことも多々あることは、ご了承下さい。

コメントありがとうございます。

yuriikaさん
ありがとうございます。とりあえずこのコメントの内容を連絡しますが、情報をお願いすることになると思います。現在熊本でWS003なので画面が小さく、速度も遅いので、東京に帰ってからじっくり読ませていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Iさんにアドバイスと応援をお願いします:

« 携帯からの投稿テスト | トップページ | 今熊本にいます »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ