« コンタクトのたんぱく除去 | トップページ | 今週はバタバタ »

2007/02/26

変わりないのが一番

2007年2月26日

眼科の診察に行ってきました。1ヶ月に1回にとなると、本当に楽です。しかし最近は眼科の診察の度に、「もう少し見えるはずだ」と思いながら、見えません。今日も肝心なところにもやがかかったようになり、視力は0.05でした。S先生に聞いてみたところ、ちょうど中央部の眼底が少し痛んでいるとのこと、一番みたいところが見えづらくなるそうです。やはり目を少しずらして、見たいところの横に目を持って行くようにしないと見えないようです。これをやると結構疲れるので、最近は無精していました。またついでに聞いてみましたが、癒着した瞳はなかなか戻らないだろうとのこと、瞳が動けばもう少しは見えるようになると思うのですが、これも無理のようです。

「眼底は何とか保っていますね。」と言われて、現実に戻りました。小生の網膜はもうかなりぼろぼろで、いつ全剥離してもおかしくない状態なのです。何とか0.1が見えないかとじたばたしてきましたが、現状維持ができれば御の字のようです。薬局の薬剤師の先生からも、「変わりないのが、一番ですよ。」と言われました。砂上の楼閣かもしれませんが、楼閣が立っている間は使って楽しみます。

今日予備のコンタクトをもらってきました。予備でも、\21,000です。バイアルに液体とともに封入され、未開封での有効期間が書いてあります。使い始めれば寿命が1年くらいですから、これが無駄になることはないでしょう。なおソフトコンタクトは使っているとだんだん黄色みを帯びてくるとのこと、たんぱく質除去不良ばかりでもないようです。

« コンタクトのたんぱく除去 | トップページ | 今週はバタバタ »

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変わりないのが一番:

« コンタクトのたんぱく除去 | トップページ | 今週はバタバタ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ