« 伊豆長岡へ | トップページ | マニュアルモード »

2006/11/24

ショートコート

2006年11月24日

先日ふらっとデパートの紳士服売り場を覗いたら、ショートコートに目がとまりました。会社では作業服で、外仕事の職場には防寒衣があり、なぜか小生も持っているのですが、出張先に持って行くわけにも行かず、寒い思いをしていました。そこで「背広の上にも着られるジャンパー」か、「作業服の上にも着られるコート」を探していたのですが、これはちょうど作業服の上からも着られそうです。

小生のコートの1枚は、親父が着ていたものをもらったトレンチコート(その親父も、今年13回忌でした)、もう1枚は1990年のイギリス出張の時に買ったもの(何と小生のIFN歴より古い!)と、どちらもかなりくたびれています。そこで衝動買いに近いのですが、買うことにしました。「ポイントカードで5%引き!」だったし(^_^;。なお色はベージュ系にしました。黒がシックだったのですが、夜黒いジャンパーを着ていて、車にはねられそうになったことがあるからです。

帰って自分のコートをよく見ると、トレンチコートはかなりひどい状態だったので、早速ゴミにすることにしました。ところが古着は燃えるゴミですが、ボタンは燃えないゴミ、市の広報には古着のボタンは取って出すように書いてあります。「ゴミにするのならクリーニングに出すな!」とカミさんが文句を言いながらボタンを取ってくれましたが、トレンチコートのボタンって多いんですね。20個もありました。

急に冷え込んだので、早速そのコートを着ています。12月の初めに早速出張がありますが、作業服に着替えることは無さそうです。

« 伊豆長岡へ | トップページ | マニュアルモード »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

新しいコートの着心地、いかがですか?最近夜は冷え込みますから丁度いいですね。
確かに黒いコートは危ないかも。私も何度かひやっとしたことがあります。特に男性はズボンも黒い感じのものが多いので夜道は危ないですね。

主人は退職して5年になりますが、3年間位は背広、コート、Yシャツ、ネクタイ等サラリーマンの制服を残してました。息子も娘婿も一回り大きいのでネクタイ意外は身に合わず、お気に入り以外は捨ててしまいました。
この辺では濡れないようにビニールに入れて「古着」と大きく書いておけば持って行ってくれます。
最近はユニクロがお気に入りです。ただ左手が5ミリ短いので、直してくれって言うのでかないません。

コメントありがとうございます。

>うめさん
小生の住んでいるところも十分田舎ですが、立ち回り先はもっと田舎です。街灯のないところもあり、黒い服だと本当に危ないです。

>meeさん
親父は身長172cmと年齢にしては大柄で、しかも横もあったため、背広類はだめでしたが、コートはちょうど合いました。小生もテニスをやっていたせいで右腕の方が1cm弱長く、ワイシャツの仕立ての時は寸法差がはっきり出ます。

暗くなって恐縮ですが、うちにも83の、おばばがおります。二人して、部屋のゴミだしに、温泉に行く間を惜しんで、無駄な時間を使っております。だってそうでしょ、二人が車に乗ってて、他車に当てられ、あの世行きの場合を想定してます。葬儀も10万からありましたが、焼くだけに決めました。鼻の骨を仏壇に供えるだけにしました。(念のため、まだ二人共死んでませんよ)
閑話休題、親父さんのコートはアルカポネみたいでしたか?

>前向きさん
小生の方は親3人(なぜか3人)、もう誰も残っていません。カミさんの方は母親が89才、現役主婦です。もうちょっとは大丈夫そうです。
アルカポネのコートは、トレンチでしたっけ。

イギリスでコートを買ったなんてお洒落ですね。イギリスではマフラーだけ買いました。母からは、アメリカで買った毛皮のコートが形見で残っています。一緒に行った時買って、実はどっちが着るか揉めたもの(笑)ですが、実際形見になってから着たのは数回だけです。私は毛皮より、実用派です。そろそろ母の形見も本当に残しておくものだけを除いて整理しないと。
南海さん、暖かいコートに包まれて颯爽と♪

>miyaさん
すみません、誤解を招くような書き方をしていました。イギリス出張の時に、国内で買って着て行ったものです。
姉が実家の整理に行ったとき、義母の着物が山ほどあったそうです。辻が花の帯まであったとか。二束三文ですが、まとめて売却です。逆に母のものはさっさと処分され、見つからなかったとか。
「颯爽と」いう台詞、小生が誰かを表現するときに使ったような、、、(^_^;。

いえいえ、誤読してすみません。向こうが寒そうだから準備されていったんですね。海外では小物は買い易いですが、服となるとフィットするのを見つけるのはなかなか…。アメリカで小柄な私達に合うコートがあるのは当時意外でした。(子供服ではないですよ(笑))
着物は、舞台衣装になりそうなものの方が需要があるらしい?ですが、着物リサイクルで処分するしかないですね。まだシツケ糸がついているのもありますが、母は着物文化で育ったので、大山の如くいっぱいありましたが、今は小山程度に減らしました。

>miyaさん
アメリカは大きい人と小さい人との、幅が大きいそうですね。そのため電車につり革がないと聞きました。そうすると日本よりも服のサイズの幅も大きいかもしれませんね。
小生はセビル・ローで背広を作れるようには、結局なりませんでした。

私は、肩幅や胸囲に合わせると、腕が短いので、袖が長過ぎとなりいつも困ってしまいます。そろそろコートも新調したいですね~。

>digiさん
小生は逆で、袖を合わせると肩が落ちてしまいます。小生も「そろそろ」と思い出してから、5年近く経ってしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショートコート:

» トレンチコートの気になるブランドを着こなす [トレンチコート情報室 気になるブランドを着こなそう!]
トレンチコートのブランド、着こなし方、結び方の紹介のサイトです。トレンチコートを買おうと思う方、着かたを知りたい方のお役に立てれば嬉しいです。 [続きを読む]

» ミリタリーファションのあわせかた [ミリタリーパンツとくとく情報局]
ミリタリーファションにこだわる管理人が古着からファショナブルミリタリーまでお得なミリタリー情報を配信しています。 [続きを読む]

« 伊豆長岡へ | トップページ | マニュアルモード »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ