« マニュアルモード | トップページ | 行きつけの眼鏡屋さん »

2006/11/28

来月からコンタクトの練習

2006年11月28日

昨日、眼科の検診に行ってきました。眼科の場合、他の病院でも多分そうでしょうが、診察の前に視力などの検査を行います。右目の視力検査の時は水晶体がないために、その分もカバーしたレンズを入れた眼鏡をかけるのですが、今までなぜか顔を上げないと良く見えないような気がしていました。そこで昨日実験してみたのですが、見えるところが小生が考える目の中心部よりやや右下に寄っており、よく見ようとすると、視野がどんどん右下に逃げていくことがわかりました。

そこで見たいところよりやや左上を見るようにすると、視野が逃げずに真ん中に止まります。そのやり方で検査の先生が持ったCの字を追ってみたのですが、さすがに遠くなるとしっかり見ないとどこが切れているかはわからなくなり、0.1までは見えませんでした。それでも動かして止まったときには、視力検査板の0.1の段にCが3つ並んでいるのが見えますので、目の動かし方に慣れれば0.1は見えそうです。なおこの見たいところから目線をはずして見る見方は、電車の中ではスリか痴漢がやっているそうです(笑)。

診察の時にS先生にこの話をしたところ、網膜の所見と矛盾していないとのこと、中心部から左側(先生の側から見て)に膜があるそうです。しかしこの膜を取ろうとすると全剥離になる危険があるため、膜は取らずにそのままにしておきます。

全体とすると炎症も治まり、来月からコンタクトの練習をすることになりました。それでS先生、角膜のあたりをじっくり見ていたのですが、
S先生「あ、手術の時の糸が残っていますね。取っちゃいます。」(看護師さんに向かって)「すみませーん、鑷子(せっし=ピンセットのこと)ください。」
看護師さん「どの鑷子ですか?」
S先生「Y○○鑷子ください。」
小生「先生、Y○○って、Y○○先生(Y教授)のY○○ですか?」
S先生「そうなんです。この鑷子の形をY先生が決められたので、Y先生の名前が付いたんです。はい、痛くないですから、左を見ていてください。」
と、診察台で糸を取りました。あとは消毒用の目薬を差して終わりです。しかしY教授、若い頃は「白内障手術の名手」として知られていたそうですが、道具もいろいろ工夫されていたんですね。

左の老眼の度が進み、眼鏡がだんだん合わなくなってきました。コンタクトを入れて落ち着いてから新しいのを作ろうと思っていたのですが、どうもそれまで待てず、古い眼鏡の片側だけレンズを入れ替えることにしました。

« マニュアルモード | トップページ | 行きつけの眼鏡屋さん »

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

目医者さんに行かなければと思いながらも先延ばししてます。
姑は50代で白内障の手術を受けコンタクトレンズを入れてました。普通のより部厚いレンズで最初はてこずってましたが、直ぐに慣れたようです。90才を過ぎて、うまく入れられなくなり今はそれこそ牛乳瓶のレンズの様な眼鏡をかけてます。長生きするのも辛いものです。

コメントありがとうございます。

>meeさん
お姑さん、50代で眼内レンズを入れられなかったということは、眼内レンズが合わなかったんですね。牛乳瓶のレンズでも、それさえあれば付きっきりの介護は必要ないわけですから、まだまだ大丈夫。生きているのは辛いけど、良いこともたくさんあります。

順調に回復されていらっしゃると言う事ですね。
南海さんのレスを拝見して「そうだ、(生きていて)今日は良いコメントを読ませて頂いたわ」と感じました。感謝♪

南海さん、姑が手術した頃はまだ眼内レンズは無かったのですよ。その後入れられるか検査しましたが無理だと言われました。
目の治療法は格段の進歩ですね。肝炎はどうでしょうか。

予後も順調そうで何よりです。
日頃、医術の進歩は目覚しいものを感じていますが、「Y○○教授のピンセット」ですか。やはり昔から良い仕事をやってきた医師も技師も道具の工夫や手入れに余念がないもんですね。

>miyaさん
ありがとうございます。過分のお褒めで。

>meeさん
35年前(1971年)は小生が社会人になったとき、もうジャンボジェットが飛んでいました。眼内レンズはまだ無かったんですね。失礼しました。
肝炎は、強ミノが使われ出したのがおそらく1980年代、C型肝炎へのIFNの保険適用が1992年ですから、ずっと後ですね。C型肝炎の治療はここ10年(あるいはここ5年)でずいぶん進歩したと思います。

>digiさん
医者というのはある意味職人ですから、道具を工夫する人は、いろいろ自分の使いやすい道具を使うんでしょうね。なおA助教授は眼底を見るときに、特製の「my検眼鏡」を使っています。

順調そうで何よりですね。コンタクトの練習は始まっていますか?
私の通っている眼科の先生も白内障の名手のようでかなりの患者を抱えていらっしゃいますが、「Y○○」ご存知かもしれませんね。電車で「見たいところから目線をはずして見ている」人を見たら要注意ですね。(笑)

>うめさん
月は変わりましたが、次回の診察は11日で、その日から練習が始まります。Y教授クラス方だと、狭い業界、おそらくご存じでしょう。スリ担当の刑事は、目線をはずしていてもどこを見ているかがわかるそうです。胸元を見ていても、女性の胸元だったら痴漢、男性の胸元だったらスリですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来月からコンタクトの練習:

» ★大手術の後には、異常が出る! でも少しづつ改善する! [大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!]
退院後、身体にいろいろ異常が起こりました。 術後、随所に異常がありました。例えば、腰から下の筋肉がツッパッタ感じになり胡坐がかけない、正座か、足を伸ばすか、腰掛けることしか出来なくなりました。お尻は痛いから、円座が必要、立ち上がったとき、車に乗って降りるとき足(特に膝)がガクガクになり、何かにつかまらないと立ち上がれない、正常に歩けない。急に身体が火照ったり、上半身に異常発汗、排尿障害は特に酷かった、自己導尿の一式を常に携行。痺れが出る人もいます。体中がけだるくなって、さま...... [続きを読む]

« マニュアルモード | トップページ | 行きつけの眼鏡屋さん »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ