« 畳替え | トップページ | ショートコート »

2006/11/22

伊豆長岡へ

2006年11月21日

前日に思い立ち、日曜日に伊豆まで行ってきました。行き先は伊豆長岡です。日曜日だから混むだろうと思い、前日に「踊り子」号の指定席を確保しました。

さて当日、「踊り子」号に乗るのは初めてですが、スーパービュー(鉄道ファンはSVOと略しています)ではない普通の「踊り子」だったので、車両は185系、ときどき群馬の帰りに利用する「草津」と同じ車両です。それでも東北/上越系の200番台の寒地向けとは違い暖地向けで、シートの感じがちょっと違います。06111901

土日にしか走らない不定期列車なのに、車内は満員。取れた指定席は1Aで、車両の端の壁に面したところです。しかも戸袋窓で、景色もやや悪いです。それでも伊豆まで座っていけます。

大船から先の東海道(在来線)を日中に下ったことはあまりありません。海が近くなると、東海道を下っている感じが出てきます。あいにくの曇り空で海の色が鉛色ですが、熱海に近くなるとミカンが色づいているのが見かけられます。

「踊り子」は熱海で切り離し、前7両が伊豆急下田に向かいます。その時後5両に乗っていた車内販売員も、前へ引っ越しです。後5両は乗務員もJR東海に交代します。185系は5両編成だけになると電動車比率が下がって残った電動車の負担が大きくなるのですが、ちょうど降り始めた雨もあり、熱海の発車で見事に空転しました。

丹那トンネルを抜けて三島へ。三島は町が好きで、何回か来たことがあります。そこで伊豆箱根鉄道の乗務員に交代です。修善寺へ向かう伊豆箱根鉄道の駿豆線は、伊豆と行っても海岸ではない、言わば中伊豆へ向かいます。小生が伊豆へ来たのは、天城から河津七滝へのコースと、西伊豆での研究室の合宿、どちらも学生時代です。駿豆線に乗るのは、初めてです。06111905


今回の目的は伊豆長岡のギャラリー・ノアールでやっている工藤絢子さんの個展を見に行くことです。工藤さんにお会いするのも目的の一つではあります。と言うのも、工藤さんは小生と同じ桐沢型ぶどう膜炎で、硝子体の手術もされた方です。最初の手術は工藤さんの方が早かったのですが、オイルを抜く手術は小生の方が先でした(別に張り合っているわけではありません)。この病気は数が少なく(病院では、数年に1人と言われたそうです)、小生もこの病気の方とお話しするのは初めてです。病院では、いろいろご苦労もされたようです。小生は、病院運に恵まれていると思いました。

この病気になってから個展を開こうと思われたそうですが、いや、見事なものです。小さめの作品ですが、小生の好きな作品の写真です。06111909
個展そのものの案内はありませんが、伊豆の国市の案内がこちらにあります。終了日順に並んでいるので、12月10日を見てください。

帰りも「踊り子」、充実した楽しい1日でした。

« 畳替え | トップページ | ショートコート »

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

ただ景色を見に行くのではなく、何か目的がある旅は楽しいですね。ただし南海さんは旅の途中も十分楽しんでいらっしいますね。電車好きの少年がそのまま大きくなった感じが伝わってきます。

南海さんは乗り物がお好きみたいですね。
伊豆や箱根は何度でも行きたくなります。
工藤絢子さんの作品はよく分りませんが落ち付いた雰囲気を感じます。きっと穏やかな方なのでしょうね。

コメントありがとうございます。

>chokoさん
電車好きの少年が図体だけ大きくなり、中身は何にも成長していません(^_^;。乗っている間も(が?)楽しいので、ホームページの旅行記は、目的地に着くまでの記述の方が多いです。

>meeさん
旅行と言うより、乗り物が好きなんですね。目の治療で1年以上旅行らしい旅行をしていないので、来年の春を楽しみに待っています。箱根にも、また行きたくなりました。工藤さんは、落ち着いた方です。

今年の四月に伊豆長岡へ桜を見に行きました。出会いによって、違う世界を見られるって、良いですね。踊り子号は何回か乗ったことがあります。スーパビューも普通のも。スパーの方が乗り心地が良いです。しかし、今年は、東海道線で熱海でまた東海道線に乗り換え、三島。三島から伊豆急に乗り伊豆長岡へ。・・たぶん、間違っていなければですが・・個展を堪能されてよかったですね。

>memoreさん
伊豆長岡にいらっしゃいましたか。東海道線は熱海でJR東日本からJR東海に変わるため、最近は熱海止まりの列車が増えました。踊り子号に乗らなければ、2回の乗換になりますね。なおどうでも良いことですが、伊豆長岡に行くのは、東急系の伊豆急ではなく、西部系の伊豆箱根鉄道です。箱根は東急対西武の争いが小説「箱根山」になりましたが、伊豆の方はそこまで派手な争いにはならなかったようです。

伊豆長岡、良い季節に行かれましたね~。
温泉も良し、魚も良し、風景も良し。
私も若い頃は、三島、大仁へと仕事ばかりで出かけていましたが、今はもっとのんびりと旅をしてみたいと思っています。
バイクに跨ってのんびりツーリングも良いかな~なんて、密かに企んでます。あ、勿論治療が終わってからですけどね。

>digiさん
三島に大仁ですか、何やら大きい会社があるところで。小生は大学4年の時にバイクの免許を取ろうと思っていたのですが、なんだかんだで取り損なってしまっています。その時取っていれば限定など無いフリーパスだったのですが。

内容が不適切と判断したトラックバックは、削除させていただきます。悪しからずご了承ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆長岡へ:

« 畳替え | トップページ | ショートコート »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ