« 日頃病院に行ってない人が要精密検査と言われると | トップページ | 今日から入院しました »

2006/10/21

硝子体手術について、まとめ

2006年10月21日

来週の手術についての説明の意味も含め、硝子体手術についてまとめてみました。なお小生は医学の専門家ではありませんし、内容にはかなり主観が入っていることをお断りしておきます。

硝子体手術は、端的に言えば硝子体を取り除いてしまう手術ですが、その後代替えとして何を入れるかでその後がいろいろ変わってきます。硝子体手術は網膜硝子体手術が正式な言い方であるように、網膜に状態によって変わります。

1)網膜の状態が非常に悪いとき
硝子体を取り除いた後にシリコンオイルを入れる、オイル置換になります。オイル置換は網膜を押さえる力が一番強く、そのため眼球の後にその内部からの力を受けるようバンドを巻くのが、一般的なようです。押さえる力が強いということは内部の圧力が高いということで、眼圧が高いことに繋がりそうですが、眼圧は普通と同じです。このあたりのメカニズムは、まだ理解していません。
オイル置換は術後普通に(あおむけに)寝ていて良いのですが、病院によってはうつぶせ寝を推奨、あるいは必須にしているところもあるようです。
オイル置換後そのままにしておくと緑内障になる危険があるため、最短3ヶ月、最長1年で水に置き換えます。その時の網膜の状態次第では直接水置換とせず、一旦ガス置換とすることもあるようです。会社で化学屋さんから、オイルを抜いた後洗わずに直接水を入れるのかと聞かれましたが、これも不明です。まあ、あと3日経てばわかります。

2)網膜の状態がやや悪いとき
硝子体を取り除いた後にガスを入れる、ガス置換になります。ガスは自然と身体が作り出す水に置き換わりますが、網膜にはガスが当たるようにするため、うつぶせ寝にする必要があります。このうつぶせ寝、専用の枕があればいいと思うのですが、何もありません(少なくともF病院には)。一度やってみましたが、気持ちが悪くなりました。

3)網膜の状態が良いとき
硝子体を取り除いた後に水を入れる、水置換になります。水といっても、生理食塩水です。眼球は一定の内圧(眼圧)があることでその形を保っているのですが、自分で水を作り出す力と、排出される水とのバランスで眼圧を保っています。従って病気で眼球の水を作り出す力が弱っていると、水置換にしたときに作り出す水が排出される水に追いつかず、眼球が外からの圧力に負けてつぶれてしまいます。これが眼球癆で、こうなったらもう眼球を摘出して義眼を入れるしかありません。オイル置換後で一番危ないのがこの時で、手術時期の見極めが大事になります。

なお硝子体手術をするときには、よほどの例外でない限り、水晶体は取り除きます。その後状態が良かったら眼内レンズを入れ、眼内レンズが入れられなかったら眼鏡に水晶体の分をカバーさせるか、コンタクトレンズを使うことになります。

ということで、来週23日から入院し、24日に1から3に(ひょっとしたら2に)する手術を受けてきます。なお入院中はスパムトラ対策のためにトラックバック不可としますので、ご了承ください。

« 日頃病院に行ってない人が要精密検査と言われると | トップページ | 今日から入院しました »

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。いよいよ来週ですね。どの手術であっても成功しますように。しかし、うつぶせ寝は辛いですね。
専用の枕ってあの穴があいたやつですか?

コメントありがとうございます。

>うめさん
ということは、やっぱり専用枕があるんですか!今度そうなったら、聞いてみます。

日野原先生お勧めのうつぶせ寝健康法。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4584189099
わしも、やわらかい枕を買い、うつぶせに寝て枕の下に両腕をはさんだりしてみたが、
非常に難しい→あきらめた→枕 無駄になった 経験あり。
この枕は どうじゃろ?
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000EADLVG
急げ!?
いや待て、今、こんなのも見つけた。
http://72.14.209.104/search?q=cache:hAwO3-U8MoQJ:utubuse.hakase-jyuku.com/cat-93/+%E6%97%A5%E9%87%8E%E5%8E%9F%E5%85%88%E7%94%9F%E3%80%80%E3%81%86%E3%81%A4%E3%81%B6%E3%81%9B%E5%AF%9D%E3%80%80%E6%9E%95&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=6&lr=lang_ja&client=firefox
うつぶせ寝健康法は、バスタオル(または厚手のタオル)と、クッションがあれば、すぐできます。
まずバスタオルを、枕の代わりに敷きます。
バスタオルで、うつぶせに寝たときのよだれ等を吸い取ります。
そしてうつぶせに寝てみて、自分が楽になるようにクッションを入れます。
基本は胸の部分と、すね・足首に入れます。
腰が痛い場合は、腰のしたにもクッションを敷きます。
自分にとって、一番楽な姿勢でうつぶせ寝します。
時間は10分から始めます。
市販の抱き枕を使って、横寝の形から初めてもいいそうです。とな。

ともあれ、無事 帰還を祈る。

読んでるだけで辛さが実感できるのは、病気で入院したからでしょうか。
さすがの冷静なご説明で、おおよその手順が分ります。色々な事に耐えねばなりませんね。
術後のレポートが「ほら、こんなに元気だよ」って書いて下さるよう願っております。

>前向きさん
情報多謝。術後しばらくは入浴シャワーともだめなので、バスタオルは荷物からはずしていましたが、早速バスタオルも追加しました。

>meeさん
小生が書くと「読んでいるだけで痛くなる」と言われますが、実際にベッドで寝ているときのことまで実感できるのは、やはり経験があるからでしょうね。
前回の手術では、火曜日に手術して報告を書いたのは木曜日でしたね。そのくらいか、金曜になると思います。

いよいよご入院ですね。
私の得意な?深呼吸をして、成功への念を送信しておきます。
やっぱりブログを早々に更新されますか(^^;)
○ これ一字でOKですからね。

>miyaさん
5月の時のブログを読み返してみたら、まあ入院初日に長い文章書いていますね。我ながら良くこれだけのものを(隠れて)書く時間があったと思います。今回は入院前の通院が少なかったので、手術承諾書もまだ出していないし、初日は忙しいのではないかと思っています。○一字が一番良いかな。念有り難く受け取りました。
なお小生のホームページには、2回目の入院から今回までの分をまとめてアップしました。

いよいよですね。
ベストケースで成功する様、ひたすら幸運のエネルギーを送り続け応援しています。

>digiさん
幸運のエネルギー、有り難く受け取りました。明日からはザウルスが大活躍???(また怒られそう)

凡吉様、いよいよオイル抜きですね。よい結果になることを祈っています。うつむき枕ですが私が入院したときに使ってる方を見ましたよ。部屋番号をMail下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日頃病院に行ってない人が要精密検査と言われると | トップページ | 今日から入院しました »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ