« 多焦点眼内レンズ | トップページ | 4と9 »

2006/09/16

多摩モノレール

2006年9月16日

ふと思い立って高幡不動へ行ってきました。ここは土方俊三の菩提寺なので、NHKで「新撰組!」をやっていたときには観光客が多かったようですが、さすがに今は少なくなっています。小生の目的は五重塔だったのですが、ここの五重塔は新しく、解説は何もありませんでした。06091604b


高幡不動まで行くときに、初めて多摩モノレールを使いました。羽田空港線と同じ誇座式(アルウェーグ式)ですが通勤通学輸送を目的としているので乗客の流れを良くするように、車内のタイヤハウスをなくしています。目的だけではなく、羽田空港線の開業からずいぶん時間が経っていますので、技術的にタイヤハウスがなくせるようになったのかもしれません。車内も初期のものはクロスシートですが、後期のものはロングシートで、まさに通勤通学用です。やはり通勤用の北九州モノレールと、雰囲気がよく似ています。06091610b


沿線(多摩センター高幡不動間)には、大学がたくさんあります。輸送能力で比較すると普通の鉄道の方が断然大きいので、モノレールで輸送力が足りなくなると京王動物公園線の延長という話も出てくるのでしょうが、すでに人口減少に入った今日、モノレールで十分まかなえるでしょう。

« 多焦点眼内レンズ | トップページ | 4と9 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

高幡不動は八王子のお墓に行く時に通る駅です。紫陽花が見事だから行くといいよと母から言われていますが、まだ行っていません。
モノレールはこちらにもありますが、苦手なんです。宙を走っているのに、とても揺れて怖くて仕方ありません。そちらのは揺れませんでしたか?息子の野球の応援に、日大三校に行った事があります。その時に多摩センターから帰って来ました。今日の記事はなんだか、知った名前が沢山出てきました。

高幡不動は節分の豆まきの時によくTVで放送されますね。
多摩モノレールが通る話が最初に出たとき、沿線になるはずの土地に友人が引っ越しましたが、その後ルートが若干変わったとか。後で愚痴っていました。
北九州モノレールは、出来る前と出来た後に丁度出張に出掛け、ビックリしました。なんだか道路が狭くなったというか鬱陶しくなったというか・・。
そう言えば千葉駅前にもモノレールが随分前に出来たのですが、あの駅前も出来る前とは随分印象が変わりました。南海さんのようには方式の違いは全然分からないのが残念ですが(懸垂式?だっかな)、これも通勤通学用なのだなと思います。子供のころ住んでいた家の近所にも駅が出来ているようです。
涼しくなってきたので、入院までの間は少しずつあちこちお出かけですね(^。^)

コメントありがとうございます。

>chokoさん
カミさんが行くのならおそらく紫陽花の時期だったでしょうが、小生は無粋で(^_^;。
京王線の高幡不動駅から歩いていけるので、新宿方面からの場合は京王線に乗ってしまえば、あとは楽ですね。八王子のお墓って、ひょっとして上川霊園ですか?
千葉のモノレールは、大船のと同じタイプ(サフェージュ式)ですね。懸垂式なので、揺れ方が普通の電車と違ってロープウエイと同じなので、こちらの方が怖いかもしれません。

>miyaさん
詳しいことは知りませんが、多摩モノレールの路線決定には、いろいろあったようです。
実は小生、その昔は千葉市から市原市にかけてのコンビナートが担当だったので、いやになるほど出かけていました。しかしここ20年ほどは、幕張(千葉ロッテスタジアムにあらず、幕張メッセです。)より先に行ったことがありません。
千葉のモノレールは大船と同じ懸垂式の中でもサフェージュ式と言われるタイプで、車輪が箱の中を走るので騒音が少ないと言われています・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多摩モノレール:

« 多焦点眼内レンズ | トップページ | 4と9 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ