« 1993年の記録をまとめました。 | トップページ | ミッションインポッシブル »

2006/08/02

桜の木が切られた!

2006年8月2日

自宅から通勤に使っているJRの駅に行く途中に、大きな桜の木がありました。逆方向の東急の駅の方向には桜並木があるのですが、JRの駅の方向へは桜の木はこの1本しかなく、目立っていました。しかもこの桜の木は桜並木より早く開花するのに、最後まで花を付けている不思議な木でした。05040910a


ところが今日会社の帰りに見たところ、この桜は切り倒されていました。桜並木と違って個人の所有物のため、文句は言えません。どうやら車庫を広くするために切り倒されたようです。来年は駅までの間に桜が無くなってしまいました。

なおこの桜の木は、夏になると蝉の一大マンションになっていましたが、あの蝉たちは今年はどこへ行くのでしょう。

切られた桜の、去年の写真です。

« 1993年の記録をまとめました。 | トップページ | ミッションインポッシブル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自分の物でもないのに、私もこのテの話に、がっかりしてしまう一人です。
「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」とは枝を切るとそこから痛むことを戒めているんでしょうが、丸ごと切り倒してしまうとは寂しいですね。その木のおかげでいったいどの位大勢の人(や蝉)が和んだことか・・・桜は切っちゃあいけませんね。

コメントありがとうございます。

>HIRO2さん
小生の住んでいるあたりは昔は山だったところのようで、所々に大きな木が残っています。それがマンションを造ったり、駐車場を広げたりで切られる、おきまりのパターンです。しかしあれだけの大木が、あっさり切られてしまうものですね。

桜の木、昔銀杏を拾ったイチョウの木などは不思議とよく覚えていますね。
我が家の目の前にあったイチョウは切り倒され駐車場に、裏にあった栗林はマンションに変身しました。子供の写真は結構撮りましたが、家の周りの写真はあまり撮っていないんです。懐かしくなるものですね。

他の桜よりたくましく長く咲き誇っていて、それがなくなってしまったのは、寂しいですね。
通勤電車の中で、毎年、綺麗なピンク色を目にされた乗客達もあれ?と思うのでしょうね。私も昔は、東急東横線で渋谷に行ってました。学生の頃ですね。懐かしい~。

>chokoさん
小生の田舎は、クスノキがたくさんありました。以前の海岸だったところに道路が通されたため、クスノキの巨木が道ばたにあったりもしたのですが、道路整備の名の下に切られてしまいました。子供の頃は写真(フィルム)が貴重品だったため、家の回りの写真は残っていないですね。
と、ここまで書いて気がつきましたが、今住んでいるアパートの写真も、1枚もありません。20年後に残念がるかな?

>memoreさん
桜並木にある木の倍くらいある大きな木でしたから、来年の春に「あれ?」と思う方は多いでしょうね。
東横線は田園調布-多摩川園間にあった桜が、地下化工事のとき切られてしまいましたね。小生も学生時代2年間だけ東横線を使いました。今は会社からサントリーホールに直行するときに使っています。

季節を感じられる桜の木はいいものですよね。それがなくなってしまうと寂しいですね。

>うめさん
今までは通勤途中に花見が出来たのが、来年からは出来なくなります。花見をするためには、東急に一駅乗って遠回りしなければならなくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜の木が切られた!:

« 1993年の記録をまとめました。 | トップページ | ミッションインポッシブル »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ