« 桜の木が切られた! | トップページ | 入院後初めての「泊まり」出張 »

2006/08/05

ミッションインポッシブル

2006年8月5日

今映画MI・III(ミッションインポッシブルIII)が公開されています。いろいろ話題になっており、そしてちょうど第1作と思われる「ミッションインポッシブル」がテレビで放映されましたので、録画して一週間遅れで見ました。
小生のような1960年代の「スパイ大作戦」を見ていた世代には、テーマ音楽も懐かしく、「おはよう、フェルプス君」には、歓声を上げたくなります。テレビ放映当時は資料や写真は封筒に入れられ、「このテープは自動的に消滅する」という当時はやった台詞の「テープ」は小型のオープンリールだったのですが、映画版では(おそらく)VHSのCカセットによるビデオと、時代の流れを感じます。ただ、ご丁寧に消滅するときに昔と同じように煙まで出すのは、パロディに見えます。

ラストのTGVにヘリコプターを絡ませたアクションシーンでは、「じゃまだ」とばかりに、TGVは電車なのに架線を取り払っています。イギリスではサードレールが使われていて架線はないところが多いのですが、サードレールもなく、あのTGVはどうやって走っていたんでしょうね。ハリウッド映画らしいところですが。

今日みたいに暑い日は外に出ず(と言いながら、買い物に出かけましたが)ビデオを見ていたのは正解でしょう。結構楽しめました。MI・IIIのテープに何が使われているか、気になるところではあります。

« 桜の木が切られた! | トップページ | 入院後初めての「泊まり」出張 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

元気そうですね?
「スパイ大作戦」ですが、初期の作品ではレコード盤が、次にオープンリール(三洋)で、処理用の薬品ポットもありました。その後三洋の専用テープを使ったリムドライブテープレコーダ(市販品)になり自動消滅する様になりました。レギュラー終了後に制作された特別編ではディスクが登場しています。大きさはMD位でケースはありません。映画の列車はユーロスターでパンタは1編成2丁しかないわけで確かに不思議ですね?DVDでもみて確認してみますか。

コメントありがとうございます。

>凡太郎さん
昨日、今日と出張に行っており、遅くなりました。
スパイ大作戦、小生は自動消滅からしか見ていませんでした。その前もあったのですね。一話だけカセットテープが使われた、という話を以前貴兄から聞いたとがありましたが。
話は変わりますが、今日(8日)は関東西部は大雨だったそうですが、群馬県は全く雨の気配もありませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミッションインポッシブル:

« 桜の木が切られた! | トップページ | 入院後初めての「泊まり」出張 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ