« 意外な進展=セカンドオピニオン | トップページ | 出来るだけ早い時期での手術を勧めます »

2006/04/30

ザウルスからの投稿テスト

2006年4月30日

ザウルスから書き込んでいます。入院に備えての、テストです。長文は無理ですが、まあなんとかなるかな。しかしPHSと言えども、遅い!

« 意外な進展=セカンドオピニオン | トップページ | 出来るだけ早い時期での手術を勧めます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あらあら、入院準備にザウルスですか(^^;)
片方の目を酷使するのはどうしても負担が大きくなりそうですので、ほどほどにされてくださいね。
恐らくここかなと思うHPを拝見しました。難しい、また症例の少ない病気ほど専門性が必要とされるのですね。教授だからこそセカンドオピニオンという選択肢を口にされたのかもしれませんね。
ところでその病院(と思われる)の消化器内科でのマイクロバブルによる診断方法がTV放送されたとか書いてありますね。マイクロバブルって、最近TVの科学番組とか、いつだったか新聞に載っていた産総研(独立行政法人産業技術研究所)で研究されたりして愛知万博でも応用されていた技術(詳細は忘れました(^^ゞ)とかとも関係あるのかなぁと・・・。話が飛びました(^^;)
南海さんに最善の判断がなされるものと思っています!

コメントありがとうございます。

>miyaさん
へへへ。あまり良くないですね。文字を思いっきり大きくしましたが、長時間は無理ですね。どちらにしろあまり長時間PHSの電波を出しているとばれるので、ほどほどにしておかなければいけません。まあ術後は痛いでしょうから、見る元気もないでしょう。
病院のHPはドンぴしゃです。通常のバルブの一番小さいものは直径15mmくらいですが、マイクロバルブになるとMEMSで作るのでいきなりミクロン単位に小さくなってしまいます。小生はその間の大きさのバルブを探しているのですが、無いですね。話が脱線した上に、専門的な話になってしまいました。

入院の準備も大変ですね。無事に手術が済んで眼が良くなる事を祈っています。専門の先生で安心してまかせられますね。南海さんもmiyaさんも難しい医学用語できっと先生より詳しかったりして。
眼をゆっくり休めてくださいね。南海さんは神奈川の人ですか?
ダブる、気になります。

>MEMS
話は分かりますよ(^_^)v→ 実作製は無理ですが・・・文系です(^^;)

>memoreさん
小生一応東京都の住人ですが、勤務先が横浜市なので、時々話題のあたりに顔を出しています。

>miyaさん
小生狸系、じゃなかった、理系ですが、MEMSの自作は無理ですね。あれはすごい設備が必要です。

セカンドオピニオンでT医大ですか。あらゆる可能性を試すとはなかなかのものですね?T医大は小生の実家のそばで母親も網膜剥離の手術を受けています。父親も何かと世話になっているようです。最良の診断が下るといいですね?

>凡太郎さん
詳しく調べたところ、ぶどう膜炎での症例数は、日本最多と書いてありました。桐沢型に言及しているところも、他には見かけませんでした。実家の近くになるのですか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザウルスからの投稿テスト:

« 意外な進展=セカンドオピニオン | トップページ | 出来るだけ早い時期での手術を勧めます »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ