« 副作用の変化 | トップページ | 肝機能「正常」でも要治療(新聞記事) »

2006/04/10

薬のよく効く身体

2006年4月10日

眼科の診察に行ってきました。先週火曜日(4日)あたりにすごく見えだした感じがあったのですが、週末はだんだんまた元に戻ってきました。目が見えるようになるとものが二重に見え始めるので、わかります。今日の診察では視力は変わらないものの、目全体の透明度は上がっているということです。30mgに増やしたステロイドが効いてきているのか、それとも抗ウイルス剤のバルトレックスが効いているのか、我ながら薬によく反応する身体です。だからなおのこと薬の減らし方が難しいのでしょう。明後日(12日からステロイドが25mgに減り、少し楽になります。20mgを切るとずいぶん楽になるのですが、焦ってはいけません。

先週のN講師の診察では診察は一週間に1回と言われていたのですが、そこは慎重なS先生、次は金曜日に来るように言われました。午後になったのは、目全体の透明度が上がればレーザーを打つつもりなのでしょう。

なおこの書き込み、パソコン内蔵のテレビを見ながら書いています。録画をしているとパソコンは全く使えなくなるのですが、単にテレビを見ているだけなら、「ながら」が可能です。

« 副作用の変化 | トップページ | 肝機能「正常」でも要治療(新聞記事) »

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

あらま、見出しに何処かで見覚えのある台詞が・・(^^;)
効くが故に、減薬して行く加減が難しいのですね。

うちのパソコンは2台ともテレビは見れません。実は家族数の2倍TV(1台を除いてみんな小さいものですが)があるのです(^^;) 今度の治療時は、布団の側でTVが見れるぞ~って、前回はレベの影響で聴覚過敏でTVも見たくなかったので、そこまで行くとかなり不調というレベの加減も良く分かりましたので次回に活かしたいと思ってます(^^ゞ

コメントありがとうございます。

>miyaさん
言われるまで気がつかなかったのですが、小生はかなり薬が効く方のようですね。みんな効くものだと思っていましたから。
小生は、自分自身の免疫力が弱いのではないかと思います。だから入ってきた薬に抵抗しないのでよく効くし、薬が切れるとすぐ他のウイルスなどが悪さをします。
小生はレベでの聴覚過敏には、なりませんでしたね。
今のパソコンは、ハードディスクビデオを買うつもりで買いました。買った頃は、ブログを始めるなど思ってもいなかった時期です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薬のよく効く身体:

« 副作用の変化 | トップページ | 肝機能「正常」でも要治療(新聞記事) »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ