« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/31

入院最終決定は月曜日

2006年3月31日

眼科の検診に行ってきました。網膜の具合は余り変わりないそうですが、明るいものは見えるものの、少し暗くなってくると、そこからがくんと見えなくなります。明度の敷居値があるようです。主治医は入院した方がよいと思っているようですが、最終決定権限がないため、月曜日に講師先生と相談して、ということになりました。月曜日に外来診察からそのまま入院することもありです。つなぎで抗ウイルス薬の飲み薬が処方されました。

今回悪くなった原因はおそらくステロイドの軟着陸の失敗ですが、これまでの経過に対し影の主治医だった講師先生がどういう判断を下すかです。もう少し抗ウイルス薬でヘルペスをたたいておいた方が良いと判断されれば入院になりますし、ステロイドだけでよいと判断されれば入院はなくなります。目の状態は、良いときには視力検査では最高0.4をたたき出し「この病気では奇跡だ」と言われているものの、霧の中にCの字が見えたというだけで、実力値とはほど遠い状態です。もう少し見えるようになると、仮に事故で左目が見えなくなっても、トイレ、風呂、食事を食べるくらいは介助無しで出来ます。そのためには、自分ではもう少し見える状態に持って行きたいところです。そのため、小生としてはステロイドよりは副作用の少ない抗ウイルス薬に頼りたく、入院もやむなしと思っています。ただ問題は最後の、ステロイド減量で一番難しいと言われる5mg以下のところで、おそらく3ヶ月後のこのあたりに来たら、またいろいろと相談しなければなりません。最近プロ野球の選手が言っている、「ローマは1日にしてならずだけど、壊れるときは1日だ。」という台詞、実感として感じられます。

この病気、網膜がほころびてくることもあるそうです。剥離の一種ですが、網膜が弱くなっているためいろんな破れ方が起こるようです。まだ聞いていませんが、混濁した硝子体の交換手術には、網膜が耐えられないかもしれません。

今回は入院するとしても月曜日からのため、この土日で何とかザウルスからブログにアクセスできるようにセッティングしようと思っています。前回は急だったため、セッティングが間に合いませんでした。

なお今日でniftyのパソコン通信が終了します。小生は最後の最後までパソコン通信対応の通信ソフト、「ニフティマネージャ」を使っていました。すでに他のメーラーと併用して使っているので明日からも問題ありませんが、niftyからの「変更のお願い」には、最後まで応えませんでした。

2006/03/29

著効のデータ補足と、ステロイドについて

2006年3月29日

小生はイントロンA+レベで開始しフルにペグ+レベをやったわけではないのですが、2/3はペグレベだったので、ペグレベと見なしましょう。
まず量ですが、イントロンAは600MIU、ペグイントロンは最初の一ヶ月だけ100μgで、後は80μgです。レベトールは最初から最後まで3錠(600mg)でした。小生は体重69kgですから体重比にすると、ペグは1.16μg/kg、レベは8.7mg/kgと、心臓病のせいで標準よりかなり少ない値です。個人差はどうしてもありますが、少ない量で著効になった一つの例ととらえてもらえればよいと思います。
またウイルスの陰性化(定性)時期ですが、公式発表は9週目としていますがこれは先生の推定値で、測定した日を見れば6週目で+、11週目で-になっています。ちなみに、どちらもまだイントロンAの時期です。従って、ペグでの判断基準とちょっと違うかもしれません。
(4/1:グラムの文字を小文字に訂正しました。)0603281

通い慣れた病院ですが、なかなか桜の時期に行き当たりません。昨日は珍しく桜の時期に当たりました。満開まではもう少しです。

最初に小生のC型肝炎を見つけ、その後今の病院の紹介状を書いてくれて、また3回のIFNのうち2回お世話になった近所の開業医に、挨拶に行ってきました。そこで話は目の方になったのですが、はっきりとは言いませんが先生の見立てではステロイドの減らし方に問題があったのだろうとのことで、例えば間質性肺炎や膠原病の場合は、5mgから先は1mgの錠剤を使って慎重に減らしていくそうです。また5mgになればあまり影響は出ないので、5mgに長期間とどまっても割と平気だとも言っていました。抗ウイルス薬の再使用については健康保険の縛りがありますが、6ヶ月立てば平気とのことです。今月が発病から足かけ6ヶ月目ですから、今日の眼科の診察で「入院するとしても来週から」と言われたのは、そのあたりも含んでいるかもしれません。来週はもう4月です。

2006/03/28

とりあえず、著効です。

2006年3月28日

1ヶ月ぶりに肝臓の方の病院へ行きました。先月は循環器だったので、肝臓では3ヶ月ぶりです。システムが変わってもう3ヶ月目も終わろうとしているのに、まだあちこちに案内員が立っています。再診受付機に診察券を入れて、出てきた受付表に今回は受付番号が書いてありません。それを見た案内員さん、「保険証の確認を行います。総合受付にまわってください。」保険証を確認するので総合受付にまわるように自動的に表示したり、印字したりするシステムは、簡単に作れるんですけどね。そして総合受付で保険証を確認し、手書きで番号を記入しました。

処置室は相変わらず大声で名前を呼びます。特に朝は強ミノの注射の人が多く次々に処理しなければいけないので、番号表示などやっていられないのでしょう。朝9時までの注射だけの人には独特の簡略伝票を使っていましたが、これがどうなったのかは確認し損ないました。たまたま小生の採血に当たった看護師さんは今日は応援で、「朝の外来って、すごいんですねえ。」と感心していました。

予約時間より1時間遅れで、診察室に呼ばれました。結果は、
  GOT=18
  GPT=14
前回(12月)のウイルス検査もマイナスでした。

先生「うーんと、終わったのが8月、治りましたね。」
小生「著効ですね。」
先生「そう、著効です。」
先生カルテに「CR」と書いて丸を付けていました。
先生「いけない、入力を一つ忘れた。これだと次に採血が出来ない。」
小生「新しいシステムは、手間がかかるでしょう。」
先生「3倍かかるよ。前は一日(実質半日)100人見ていたのが、今は50人だね。」
計算が合いませんが、息抜きの時間がなくなったということでしょう。
先生「脅かす訳じゃないけど、IFNをやる前にガンの芽が出来ていたらIFNでも止められないから、半年に1回診察を受けて下さい。ぼくねえ、いろいろ忙しいので、他の先生に代わってもらいます。K先生という若い先生です。」
部長先生、副院長も兼務になったので、お忙しそうです。
小生「卒業ですね。」
先生「あはは。そういうことだね。何かあれば僕が相談に乗ります。では、お元気で。」

この部長先生とは、1993年からのつきあいでした。先日の眼科の検査で著効は予想されていたことですが、この卒業で本当に治ったんだなと思いました。なおあとで外来診察医師一覧表を受付でもらって見たところ、K先生は肝臓科ではなく一般内科の先生でした。本当に卒業です。

心臓弁膜症はしばらく放っておいても平気な状態になり、肝臓が今回片付き、これで心おきなく目の治療に専念できます。

2006/03/27

急激に悪化、再入院?

2006年3月27日

眼科の検診に行ってきました。びっくりしたことに、視力検査表が全く見えません。検査の先生がCの字の板を持ってずっと近寄ってきて、かろうじて見えたのが0.01!入院中のレベルです。
診察では、中央部の濁りが増えているので視力には影響しているものの、さほど変わっていないとのこと。フレアーの検査もしましたが、ほとんど変化無しでした。ただ網膜の右の方の色がどうも気になるとのことで、明後日もう一度来るように言われました。今日レーザーをほんの少し打ったのですがあとは出来なかったため、レーザーも追加してみたいそうです。

やはり一番警戒するのは網膜剥離で、桐沢型のぶどう膜炎から網膜剥離に行くと、網膜がすでにすかすかになっているため、手が付けられないらしいです。まあこの先生は悲観型ですので、「手が付けられないことが多い」と判断した方が良いですが、弱くなっている網膜ですから、修理しても次から次へほころびていくのでしょう。小生の場合、網膜剥離は起こる前に食い止める必要があります。

硝子体混濁が増えているのは良くないし、原因はやはりステロイド減量の影響らしいので、明日からステロイドは30mgに再増量になりました。これで一ヶ月はまた自由が利きません。またまだ炎症も続いているので、もう一度入院して抗ウイルス薬を点滴することも考えた方が良いらしく、「会社は休めないか?」と聞かれました。会社に行っているとどうしても運動量が多く治りが悪い、というのは前々から言われていたことで、ここまで急に悪くなると、考えなければいけません。入院するのは、早ければ4月の声を聞いたらすぐでしょう。

なお雑談混じりにうちの会社にもう1人いる桐沢型ぶどう膜炎の話をしたら、同じ会社に2人など、非常に珍しいと言われました。しかも同じ事業所ですから、ものすごくまれな確率のようです。

2006/03/26

ちょっと動くと見えなくなる

2006年3月26日

この一週間、細かく目の具合を観察してみました。まず先週の日曜日(19日)、18日に東京ドームまでオープン戦を見に行ったせいかかなり見えなくなっていました。20日に大阪に行ったのですがその影響はなく、21日にまた休日が挟まったせいか22日(水)は久しぶりに高いレベルで見えるようになりました。良く見えるようになると右目の映像が左目の映像に重なり、ものが二重に見えます。右目が濁っているので明るいものしか見えないのですが、会社で天井の蛍光灯が二重に見えると、まあ順調といったところです。字の書いてある少し色の付いた紙の隣に真っ白い紙を置いたとき、見えないときは白い紙のハレーションで、字が書いてあることすらわかりません。見えるときのは白い紙は白い紙に見え、字が大きければ字も読めます。家でのチェックはテレビですが、良く見えるときは画面の人物くらいはわかります。24日(金)には、画面の下の字幕まで見えました。

ところが昨日(25日)群馬に一往復して夜テレビを見たら、画面が全くわかりません。たった一日で、かなり見えなくなりました。行きは快速のグリーン車、帰りは新特急と疲れないように心がけたのですが、渋谷での乗り換え等、列車だけ良くしてもだめなようです。群馬に行った用事が新規プロジェクトの社長報告会だったのも、影響しているかもしれません。

今日(26日)は昨日9時間寝たせいかずいぶん回復し、白い紙でのハレーションは起こらず、隣にある紙は見えます。30cm離して指が見えるかどうかもチェックポイントですが、昨日は指が全くわからなかったものの、今日は見えます。あとのチェックは夜の大河ドラマです。

たった一日でこれだけ動くのは、炎症がひどくなったり治まったりではないような気がします。新特急でも新幹線に比べるとかなり揺れ、しかもがくんと来る衝撃が多いので、目の下の方に沈殿している濁りが目の中に広がり、一日おとなしくしているとそれが治まるのかもしれません。明日が眼科の検診日、この話を聞いてきます。

2006/03/22

空き巣

2006年3月22日

昨日の昼間、隣の家に空き巣が入りました。隣の家といっても長屋みたいなアパートですから、隣の部屋と言った方が良いかもしれません。夜、隣のご主人が訪ねてこられてわかったのですが、出かけられたのは午後になってから(ボロアパートなので、隣の様子は手に取るようにわかります)ですから、空き巣が入ったのはそれからすぐのようです。カミさんは一日中、小生は午後1時以降ずっと家にいたのですが、全く気がつきませんでした。

こんなボロアパートに空き巣が入ること自体意外ですが、お彼岸で留守が多く、またWBCに釘付けで(小生も!)外に注意を払わない時間を狙ったのかもしれません。お巡りさんが来たときに一緒に外を見ましたが(うちは1階です)、うちとは反対側の部屋のベランダのガラスに1cmくらいの穴を開け、そこから棒みたいなものを入れてクレセント錠を開けたようです。ガラスは金網入りですが、見事にその間に穴を開けていました。そして一部屋だけ荒らして玄関から出て行ったようです。どうやらカミさんがいたのはわかっていて、すぐ隣の部屋には手を付けなかったようです。お巡りさんは「手袋のあとがある」と言っていましたので、指紋は出ないでしょう。

交番のお巡りさんが本署に連絡していたのですが、何とあちこちで空き巣が多発し刑事が皆出払っており、現場を調べる刑事が着くまでに1時間以上かかるとのことでした。そういえば午前中に出かけたとき、駅前のクリーニング屋の前に3人くらい集まって「電柱を登って2階から」などと話していましたが、ここもやられたのかもしれません。やはり昨日は空き巣にとっては稼ぎ時だったようです。

引き出しを探ったらサッシ用の補助錠が出てきたので、文字通り「泥縄」ですが、昨日取り付けました。また今日は「防犯フィルム」なるものを買ってきました。クレセント錠の周りに貼って、ガラスの穴開けや破損を防止するフィルムです。これから早速貼り付けます。

なお「空き巣」とは家の状態を言い、正確には「空き巣ねらい」だと、大昔に聞いたことがあります。

2006/03/21

ロングシートは疲れる

2006年3月21日

昨日大阪まで日帰りで一往復してきました。大阪の滞在時間は4時間、新横浜発着なので新幹線に乗っている時間は2時間20分でしたが、特に目の具合に変化はありませんでした。実は3月18日に東京ドームにオープン戦を見に行き、その日の夕方は目の見え方が悪くなったと感じました。ちょっと動いただけで目の見え方に変化が出るのは、まだ炎症が続いているということですが、それはさておき、この結果は意外でした。

目の見え方は3月15日のブログの状態なのですが、見え方がよいか悪いかはテレビを見るとよくわかり、悪い日は周りのダイヤガラス部分が中央に張り出してくるので、テレビの画面がゆがんで見えます。良い日はテレビの画面が割とはっきり形になります。この時にテレビの周りも見えると両目での立体視が出来るのですが、まだ雲の中にテレビの画面だけが見える状態で、立体視は出来ません。テレビは自発光なので、小生のように硝子体が濁った状態でも見えます。おそらく白内障の方でも、軽いうちは見えると思います。

東京ドームまでは各駅停車で1時間半、試合時間が3時間半で、フルコース座っています。大阪行きと違いがあるとすれば、東京ドームのシートは堅いプラスチックだということと(翌日腰が痛くなりました)、往復の各駅停車が一時間半座っているとは言うものの、ロングシートだったことです。小生はこのロングシートに長時間乗るのは加減速時の加速度を身体の横方向に受けるので座っていても割と疲れ、1時間が限度と思っています。まして最近各駅停車に乗っているので加減速の回数は多く、そのため少し長距離であっても、リクライニングシートにゆっくり座っていける新幹線の方が楽に感じます。堅いシートに長時間座っているのも疲れますが、どうやら目に影響が出たのは、長距離各駅停車の方でしょう。これから仕事で各駅停車に長時間乗る日がありますが、何らかの対策を取った方が良さそうです。

なお現在ステロイド剤は一日おきですが、オープン戦も大阪行きのどちらも偶数日でステロイドは飲まない日だったので、その影響ではないようです。

2006/03/17

強風のため徐行運転

2006年3月17日

今日は午後から本社に行く用事があり、念のためと思って運行状況を確認すると、何と軒並み強風のための遅れです。京浜東北線のように頻繁に電車が来るところは、遅れが発生しても本来一本前の電車が来ているだけなのですが、念のために早めに出ました。遅れは3分くらいで「たいしたことはないな」と思っていたら、強風のため多摩川鉄橋のある川崎-蒲田間が25km/hの徐行運転、いつもより15分余計にかかりました。

昔はこういう徐行は鉄橋の前に保線区員が立ち、その区間だけ臨時の徐行標識を立てていたのですが、最近は人手をかけないように駅間すべてが徐行区間となるようです。なお並行して走っている東海道線も徐行運転ですが、ホームのない蒲田を「通過駅」と見なし、蒲田通過時から徐行に入っていました。もう一つ並行している京浜急行はいつもは快調に飛ばしているのですが、さすがに今日は徐行です。それでもJRより駅の数が多く多摩川鉄橋に近くに駅があるため、徐行区間はJRより短いでしょう。

20日は日帰りで大阪行き、目が悪くなってから初めての新幹線乗車です。

2006/03/15

硝子体の濁りと見え方

2006年3月15日

よく目の透明度がどうのこうのと書いていますが、具体的にどういう状態なのか、ちょっと説明します。
右目だけで見ると、真ん中が薄い磨りガラスで、外側がダイヤガラスを通したように見えます。ダイヤガラスの方は周辺に行くほどカットが細かくなってものの形は判別できなくなり、中央近くではゆがみがあるものの、ものの形は何とかわかります。この真ん中のドーナッツ、1.5m離れて14インチのテレビの画面がなんとか入る大きさです。調子が良いとき/良く見えるときは、このドーナッツの穴が大きくなり、また真ん中の磨りガラスも少し薄くなります。また調子が悪いときは、ドーナッツの穴が小さくなって14インチのテレビ画面にかぶさるようになり、磨りガラスも少し濃くなります。ダイヤガラスが少し画面にかかり始めると、画面がゆがんで見えるようになり文字が読めなくなります。
目の中は硝子体に濁り(蛋白質のようです)が浮いている状態なのですが、これがある程度増えると屈折率が変わるのか、ダイヤガラスに見えるようです。

少しずつ良くなってきたところ、先週仕事が忙しく少し無理をしたのとステロイドを一日おきにしたのが一緒になり、少し戻りました。全体的には一進一退を繰り返しながら少しずつ良くなってはいるのですが、少し無理をするとてきめん悪くなるようで、まだ炎症は完全には治まっていないようです。炎症が完全に治まれば手術をして濁りを取り除く手もあるのですが、まだしばらくは無理のようです。

ステロイドが一日おきになり、ムーンフェイスが少し治ったようです。

2006/03/12

今頃扶養家族

2006年3月12日

先日下のドラ(二男)から連絡があり、この4月で会社を辞め、また大学院に行き直すという連絡がありました。元々ずっと大学に残る気だったのに教授と折り合いが悪くなり大学を飛び出したのですが、また拾ってくれるところがあったようです。今度は博士課程ですが、一応学生です。今頃になって扶養家族一名増ですが、定年までには何とか間に合うようです。

二男はずっと関西にいて会社も関西で独身寮だったため、家に大学を辞めたときの荷物が段ボール詰めのまま置いてあります。また学生に戻るためその荷物を送ってくれと連絡はありましたが、今度は岡山で、まだ行き先がわかりません。そうこうしているうちに「明日大学に行って書類をもらってきて、親の書く書類があるから明日そちらに行く」と電話がありました。全くバタバタさせる奴です。明日の晩はこの部屋を明け渡すので、明日はアクセスできません。

2006/03/10

非公認記録、著効

2006年3月10日

今日は眼科の検診です。最近は2週間に1回になったので、病院通いがずいぶん楽になりました。しかし目の方は、昨日プログラムがうまく動かずじたばたしたことと、ココログがうまく動かずこれまたじたばたして睡眠時間が少なくなったこともあり、足踏みです。前回より透明度がちょっと落ちたようなのですが、大騒ぎするほどではなく、次回の診察もまた2週間後です。眼圧検査をするときの目印代わりに緑のLEDが点滅していますが、ここ数回の検査ではこれが見えており、今日もちゃんと見えましたので、悪くはなっていないようです。しかしこの所体調が良いのでついつい仕事をやりすぎているようで、少しブレーキをかけなければいけません。
ステロイドが隔日服用になっても特に問題はないものの、薬の量の変わり目はやはり疲れやすいです。しばらくは大事にして、身体が慣れるのを待つだけです。

前回(2月27日)採血した検査結果が出ました。別に異常はありません。特に肝機能は、GOT=12、GPT=13と順調です。なお小生は8月にIFNが終わったので2月で連続6ヶ月正常値が続いていることになり、医療機関が違うので非公認記録ながら、著効となりました。これで今月末の検査は、気が楽です。

2006/03/07

ステロイドの隔日服用

2006年3月7日

現在ステロイドは5mgを毎日服用していますが、今日から隔日服用に変わりました。実効2.5mgになるわけですが、ステロイドはもう一つの副作用として、長期服用した場合に副腎にサボり癖が付いてホルモンを分泌しなくなることがあり、これを防ぐためには、隔日投与の方がよいとされています。先生からの説明はありませんでしたが、2.5mgの錠剤を使わずに5mgの隔日にするのは、そういう意味があるようです。詳しい説明は、こちらにもあります。

レベトールを隔日交互に量を増減して調整する方法が話題になっており、小生もその提案をした一人なのですが、先生方は良い顔をしないようですね。ステロイドは副作用も止めたときのリバウンドも大きい薬ですが、レベトールの副作用も負けず劣らずです。レベトールを隔日で増減すると、何か別の問題が起こるのでしょうか?

光ファイバは今日から復活しました。100Mのはずが今日はなぜか10Mです。それでもダイヤルアップより、格段に早いです。

2006/03/04

久しぶりのダイヤルアップ

2006年3月4日

小生は光ファイバでの接続ですが、2月末にプロバイダの切り替えを申し込んだため、今ダイヤルアップでの接続です。同じ会社の光ファイバでもプロバイダを切り替えるときには、先に元のプロバイダとの契約を解除(退会)しなければならないため、切り替わるまでにどうしても空白期間が出来てしまいます。最初は料金は二重になっても、先に新しいところに契約して、準備が出来たところで古いプロバイダを解除しようと思っていたのですが、これは出来ないそうで、解除が先と言われてしまいました。それでも空白期間を出来るだけ短くするため、大元の通信会社(小生の場合は電力会社)からのアドバイスで、先に新しいところに「乗換」という事情を明記して申し込んでおき、準備が出来たところで解除を申し込みました。「乗換」を明記しないと本当に光ファイバを一旦撤去し、再敷設工事をやるようです。これで空白期間は一週間くらいに短縮されたはずなのですが、はたしてどうなるでしょう。

今使っているパソコン(FMV)に買い換えたとき同時にADSLにし、ADSLから光ファイバへの切り替えは空白期間がなかったため、ダイヤルアップはほとんど使っていません。久しぶりにダイヤルアップになっていますが、100Mに慣れてしまったら、40K(実力値)は遅いものですね。自分のホームページの更新は再開通するまでお預けで、しばらくは巡回もざーっとになりそうです。

ステロイドが5mgになって約10日間経ち安定してきましたが、今まで全くなかった痒みが戻ってきました。痒くて大変な状態ではありませんが、たまに頭が痒かったり、背中が痒かったりします。ステロイドもペグも使う前は、冬になると背中や腰回り(特にゴムの当たるあたり)が痒くてローションを塗っていたのですが、ずっと使っていませんでした。今までの全く痒みを感じなかった方が異常で、ステロイドが少なくなり、正常に戻りつつあるようです。

追記です。
税務署から、「国税還付金振込通知書」なる葉書が来ました。申請通りの金額でした。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ