« 目の透明度は上がってきているものの | トップページ | またまた確定申告 »

2006/02/03

モバイルSuicaのあおり

2006年2月3日

最近JRの駅の改札を入るとき、Suicaで引っかかる率が高くなったように感じていました。SuicaはICカードですが、まさかICやその周りのアンテナが劣化したわけでもあるまいに、と思っていました。ところが自宅の最寄り駅にSuica線用改札口ができ、そこで実験してわかりました。Suicaをぴったり読み取り機に押しつけると、反応しないんです。そして徐々に持ち上げると、5mmくらい浮いたところでやっと反応しました。

Suicaはデータ授受が電波で、その気になれば1mくらい飛ばせるのですが、誤動作防止のため読み取り機のすぐ近くしか反応しないようにしてあります。そのため、確実に動作させるためにはSuicaを密着させるようになっていたのですが、どうやら5mmから1cm反応する領域を上げたようで、その結果読み取り機にSuicaを密着させると全く反応しなくなったようです。この反応する領域を上げた原因は、モバイルSuicaすなわち携帯電話Suicaだろうと思います。カードと違って携帯電話はぎりぎりの位置にアンテナが作れず、またどちら向きにさわるかもわからないので、少し反応位置を上げ、そのためカードを密着させると反応しなくなったのでしょう。あくまでも想像ですが。

今は一旦さわったあと持ち上げ、読み取り機の上5mmから1cmの空中で止めています。タッチ1秒ではなく、かざし1秒です。今度は定期入れを裏返しにしてさわってみよう。

« 目の透明度は上がってきているものの | トップページ | またまた確定申告 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

へぇ~、そうですか。朝は大体Suica専用改札を出ていますが、今まで通りのタッチで難なく通っています。いつか拒否されたら、試してみましょう。モバイルSuicaは定期券版もできるんのですか?でも、携帯とSuicaを一緒にするには交通費が高すぎるので、私はパスかな。それよりパスネットと一緒になる方(来年でしたっけ?)が利用価値あります。都内の地下鉄用ですが・・。

コメントありがとうございます。

>miyaさん
定期券にもできますね。小生はいろいろ一つにまとめると無くしたときの危険が多いと思い、Suicaにもクレジット機能は付けていません。なおモバイルSuica、そのうち年会費を取ると、JR東日本のホームページに書いてありました。
確か来年パスネットと一緒になりますね。便利にはなりますが、パスネットは各社のいろいろなデザインを楽しんでいるので、それが無くなるのは残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モバイルSuicaのあおり:

« 目の透明度は上がってきているものの | トップページ | またまた確定申告 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ