« モバイルSuicaのあおり | トップページ | お通夜の服装 »

2006/02/04

またまた確定申告

2006年2月4日

立春とはいえ、この冬一番の冷え込みとか。その冷え込みもあって外に出ず、確定申告を作成しました。去年と同じ国税庁のホームページからですが、今年は「モノクロプリンタも使えるようになりました!」ろいうのをアピールしていました。ただのPDFの表を作るだけですから、カラーしか使えなかった去年が、おかしかったんですけどね。

さて今年は去年5万円ちょっとの税金の還付があり、還付通知書に「還付金は雑収入で課税対象であるぞよ!」と書いてあったので仕方なく(?)給与所得+雑収入のページを選びました。ところが控除申請だけのページと、記入方法が違うんですね。医療費控除だけの場合は、最初に源泉徴収票をまる写しで入力すれば良かったのに、別収入があるときには給与は給与、控除は控除で、その控除も配偶者控除から社会保険料、生命保険料と、すべて別々の入力です。最初これがわからずに去年と同じ調子で入力していったら、最後に「税金12万円払え!」と出てきて、驚きました。一度キャンセルして全部消し、今度は入力ページの選択も相手任せにし(結局同じページでしたが)、じっくり個別に見ていったら、やっとわかりました。今年は医療費の支払が100万円を超えたのですが、それから保険から来た25万を差し引き、それに国境なき医師団への寄付の分も加え、還付は12万ほどになりました。保険料をここで引いておけば、来年度の収入に合算しないで済みます。

訂正はまたあとでもできるからととりあえず印刷し、提出時の添付書類を確認したら、医療費明細書の書式が新しくできているではありませんか!確か去年はなかったのに。ただこの書式はどう見ても小生のようなエクセル2ページの明細は書ききれそうもなく、すでに作っていたエクセルの一覧表を指定書式に合わせた病気ごと(小生の場合は、医療機関ごとになります)に小集計をやり直し、明細の明細を作って添付することにしました。書式を新しく作ったのは、以前このブログでも話が出ましたが、勝手に表を作らせると変なマクロを埋め込めるからですかねえ。

ともかく医療費の指定書式の明細書も無事作成でき、あとは提出するだけになりました。ただこれにカミさんの歯科治療費も合算できるので、領収書が出てきたらそれも足して印刷し直します。

« モバイルSuicaのあおり | トップページ | お通夜の服装 »

C型肝炎治療記」カテゴリの記事

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

書類作成、お疲れさまでしたー。

私は年末調整もするのですが、毎年確定申告もしています。でも、母がこの業務を職業としているため、いつも任せっぱなし。
おかげで税金のことはいつまでたっても学びません。良し悪しですよね。

昨年の分は、医療費がどのような結果になるのか、興味津々です。

コメントありがとうございます。

>kay1さん
昨日は何度も書き直しをやったので、結局午後中使ってしまいました。その間国税庁に繋ぎっぱなし。常時接続だから良かったものの、ダイヤルアップだったら大変でした。
毎年自分で作っているとは言うものの、指示通りに入力しているだけで、自分では何もわかっていません。コンピューターを使っていると馬鹿になる、と昔言われた通りの結果になっています。

立春を過ぎてからの方が寒いような気が致します。今夜は雪の予報もでていますね。
私もお尻に火がついてしまいました。まだ領収書をもらって来ていない医療機関もあり、南海さんの記事を読み焦っています。よし、明日こそ!きっと…

>chokobananaさん
朝から2cmの積雪で、山形出張用の靴を履いていきましたが、会社のあたりは全く降った気配がありませんでした。今回は順調に山沿いが降ったみたいです。
高額医療費の補填通知が今頃来ました。せっかく申請書を作ったけど、書き直さなければ。ついでにカミさんの歯の知慮分を追加します。

何度も何度も、挑戦されて、ほんとうに長い戦いだったんですね。お疲れ様でした。リターンマッチのところから読ませていただきました。とても参考になります。
治療期間が終わった後こそ、自分のからだを注意深く見守る必要があるというところ、なるほどと思いました。わたしは、ほとんど毎週主治医と顔を合わせていたので、終わるとなんとなく頼りない感じがしています。あまり主治医にお任せという態度はとらないでいたつもりでしたが、随分と心の支えになっていたことがわかります。
高額療養費と確定申告で結構戻るものですね。百万円はかかるものと覚悟していましたが。

>acquaさん
いらっしゃいませ!「リターンマッチ記」お読みいただきありがとうございます。自分でもたまに読んでみるともう記憶が無くなっており、「へー、こんなことがあったんだ」と思ったりします。
治療中に主治医だけでなく、看護師さんと顔を合わせるだけでも、ずいぶん違うと思います。その点昔のIFNの方が、ペグよりまめに顔を合わせていましたね。
あの25万円は、健康保険の高額医療費ではなく、医療保険です。山形にいた頃通院も治療もちょうど谷間になり、医療保険に加入できました。

治療終了後の無理は禁物なんですね。アドバイスいただきながらも、体が動きやすくなりどうしても無理を重ねてしまい反省しています。引越しも終わりこれからは体労わろうと思っていますが今度は体重が増えつつあり悩むところです。

>笑えればさん
無事お引っ越し、おめでとうございます。小生も体重が増え気味で、ついに70kgを突破してしまいました。なにやらわくちゃんも増え気味とか。小生は今運動量を制限されているので、脂肪肝にならないよう注意しなければいけません。お菓子を減らせば良いんですけどね(^_^;。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またまた確定申告:

« モバイルSuicaのあおり | トップページ | お通夜の服装 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ