« 心肥大は治る? | トップページ | 悪夢 »

2006/02/19

おしゃれな階段

2006年2月19日

昨日、みなとみらいホールのコンサート(ヴュルテンベルクフィル)に行ってきました。やはり会社が終わってから出かける夜のコンサートより、休日の昼のコンサートの方が身体が楽です。みなとみらいホールは今までは桜木町から歩いていたのですが、今度は一番歩く距離が少ない、菊名乗換の東横線-みなとみらい線のコースを取りました。
駅の設備、特にバリアフリー関係の設備には興味がありますが、みなとみらい線の各駅はバリアフリー法施行後の完成だけあって、各駅とも充実しています。昨日は入りませんでいたが、トイレの個室にはウォシュレットまであります。トイレはともかく、今は地上までフルにエスカレータで上がれるのが、有り難いです。

みなとみらい駅のエスカレータを上がってからみなとみらいホールまではほとんどフラットですが、途中に小さな階段があります。これが怖いです。クィーンズスクェアの中の通路はデザインを重視してあるため、点字ブロックもステンレス製で野暮な黄色など使っていません。階段もおしゃれな白い石造りです。今の小生にはこれが一番怖いです。特に下り。ただでさえ遠近感がない上に、今少しずつ見え始めているため、全体に薄いハレーションがかかったように見えています。そのため白い石造りの階段は、段差が全くわからないのです。それでも今はこういう階段を見かけると警戒態勢に入り慎重に降りるので、特に何事もありませんでした。

最近、午後3時すぎに同じ姿勢を一時間ほど続けていると、突然もう一段階目が見えるようになることがあります。おそらく目の中の濁りが沈殿するのでしょう。これは良いことなのですが、症状としてはものが二重に見えます。昨日もブラームスの交響曲1番の最中に、オーケストラが二重に見え始めました。自分ではこういう症状が出ると「好調」と思いまた音には関係ないので、コンサート自体は楽しめました。

昨日は帰りに横浜駅のデパートによって、頼んだいたワイシャツを受け取ってきましたが、電車に乗ったときはなぜかボルサリーノのネクタイが1本増えていました。

« 心肥大は治る? | トップページ | 悪夢 »

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

コンサートお楽しみになられたようで、良かったですね(^-^)  おまけにネクタイも(^_^)v
横浜駅での東横線への乗り換えが地下深くになってしまって、私にはかえって面倒になってしまいました(^^;)
みなとみらいホールは甥っ子がコンサートをやって(アマの単なる一員)、何度か行きました(プロのでは一度しか行ってない・・)が、確かにおしゃれな階段ですね。
年上の同僚が数年前、黒御影石の階段で転んで骨折、未だに天候によっては痛むと言ってます。お洒落な階段は危険もはらんでいますね。これから骨粗鬆症の年代に入ります(^^;)ので、私も十分気をつけたいと思います。

コメントありがとうございます。

>miyaさん
以前オーチャードホールに行くために東急本店の中を通り抜けたら、サンローランのネクタイを持っていたことがありました(^_^;。
東横線の横浜駅は地下深くなり、おまけに地上は相変わらず工事中で、横浜線沿線の小生はもっぱら菊名乗換を愛用しています。デパートからの帰りは仕方なしに横浜駅の鉄板の階段を下りましたが、ここが一番いやです。
黒御影石の階段は、白い石の階段よりもっと見づらく、手すりがないと降りられません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おしゃれな階段:

« 心肥大は治る? | トップページ | 悪夢 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ