« 臨時診察とお通夜 | トップページ | 安静は身体を休めること »

2005/12/13

安静について

2005年12月13日

一ヶ月前(正確には一ヶ月と1日前)、眼科医からは「安静にするように」と言われて、退院しました。一ヶ月経っても、この「安静」が計りかねています。まずこの病気は精神性疾患なので、精神的なストレスが一番悪いことはわかっています。これは、極力(極力にしかなりませんが)排除中です。その次は、目の安静と身体の安静と、どっちが優先されるかです。

1)暖かい部屋へこもり、ほとんどすわったっま。その代わりパソコン三昧、ホームページの更新も。
2)暖かい日を選び、外へ散歩。携帯電話など、当然持たず。

さてこの1)と2)、どちらがこの病気に悪いのでしょうか。小生は1)が悪いような気がしていますが(ということは、ブログの更新もあまり良くない?)、通勤時にたまたま座れるとすごく楽に感じるので、2)もあるかな、という気がしています。次の診察は金曜日、今度は午後で時間に余裕があるので、じっくり聞いてきます。

この前の日曜日はコタツにこもり、萩尾望都の「バルバラ異界」の文庫本を読んでいました。結構はまります。良かったのやら悪かったのやら。

« 臨時診察とお通夜 | トップページ | 安静は身体を休めること »

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

私も1より2のほうが良さそうな気もしますが、今回の併用治療の経験では、本当に身体が辛いときは1に似た生活を選んだ方が回復が早かったような気もしますし。
うーん、むずかしいですね。

精神的にも肉体的にも2の方がよさそうですが、IFN中という状態であれば1でしょうね
眼に対してどういう状態が安静なのかがわかりかねるので、先生に聞くのが正解でしょう
1で、PC抜きなら治療中や回復期の初期の安静でしょう
2は、ある程度症状が落ち着いてきてからの安静
そう見るのが良いとは思いますが、PC抜きはちょっと難しいと個人的には思います(苦笑)

コメントありがとうございます。

>わくちゃん
IFN中なら身体の疲れである程度判断できたのですが、今回は透明度の検査をしないとわからないので、本当に難しいです。

>sasadonさん
会社の仕事は、基本的に1なんですね。最近は連絡もメールだし、何をやるにもPC経由になり、目に負担がかかりっぱなしです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安静について:

« 臨時診察とお通夜 | トップページ | 安静は身体を休めること »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ