« 無事退院しました | トップページ | 退院後初の外来診察 »

2005/11/13

ただ今投薬中

2005年11月13日

気分一新、デザインを変えてみました。
いつものように、夜中に目が覚めました。すでに明け方、午前5時です。区切られたような四角い天井がまず目に入り、「あれ、退院したはずだったのに、」と、一瞬思ってしまいましたが、足まで覆った布団の感覚で、自宅であ111002
ることがわかりました。ベッドの横の壁紙を、カーテンと勘違いしていたようです。
入院するといつもは一日8時間くらいは寝ているのに、今回は一日4,5時間しか寝ていません。昼寝もせず、自分でも不思議なくらい睡眠時間の短い入院生活でした。いつもの慢性病センターと違い今回は臨戦態勢の病院です。夜中にストレッチャーでの入室はある、警報音は鳴り響く、スタッフは走り回るで、一度夜中(たいてい、1時か2時)に目が覚めると朝まで寝られません。今朝のように、5時まで熟睡したのは久しぶりでした。なおそれからまた寝て、起きたのは9時でした。

昨日リンクを張った「桐沢型ぶどう膜炎(急性網膜壊死)」の解説には30%~80%は両眼性と書いてありましたが、入院していた病院の見解は、「両眼性の報告例はある」「両眼性の可能性は0ではない」と言う認識で、発生確率のとらえ方に差があります。どちらにしろ治療は点滴また内服で全身に対する治療ですから、左右関係無しに治療していることになります。

入院中、退院間際まで薬は点滴主体だったのですが、今は内服です。これだけの薬を飲んでいます。
朝:バルトレックス(抗ウイルス薬)×1、プレドニン(ステロイド)×3、バイスピリン×1、セルベックス(胃薬)×1
昼:プレドニン×1、セルベックス×1
夕:バルトレックス×1、イトリゾール(抗黴剤)×2、セルベックス×1
それの目薬が2種類1日6回、あと1種類が1日4回で入ります。ぼけたら病気できないね、とカミさんと話しています。「食事のあとの薬」が何年ぶりかで途絶えた、といつかのブログに書きましたが、その状態はほんの一瞬で終わったようです。

写真は、退院の3日前に病室から見た風景です。入院中に、すっかり銀杏が色づいてしまいました。

« 無事退院しました | トップページ | 退院後初の外来診察 »

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

私も入院中は、個室希望したものだから夜中に大騒ぎがおこる病棟となり大変驚きました。やっぱり自宅が最高ですよね。

自宅に戻ってよく眠れるようになったら2キロ太りました。南海さんも9時まで寝られたら大丈夫ですね。

IFNの後に、また治療のため入院なさり本当に大変でしたね。あまり眼を使われるのはよくないと思いますので、くれぐれもご無理をなさらないようお願いします。

コメントありがとうございます。

>振宿さん
睡眠の質がまるで違うようですね。やはり自宅が一番です。

>chokobananaさん
帰宅したとたん、よく食べています。昔「欠食児童」なんて言葉がありましたっけ。

>kantomoさん
退院後、寝る前に本を読むのと、寝る前の巡回を止めました。やはり左目に負担をかけているようなので、ほどほどにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ただ今投薬中:

« 無事退院しました | トップページ | 退院後初の外来診察 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ