« ぶどう膜炎、その後 | トップページ | 無事退院しました »

2005/10/18

ぶどう膜炎、その後

2005年10月18日

今日蛍光造影剤を点滴して眼底を見るという検査をやってきました。ステロイドの服用を始めて一週間経ちましたが、まだ炎症が止まるどころか、少し悪化しています。さらに左目にも、少し炎症が出ているそうです。そのため、薬の量が3倍になりました。今までのステロイド剤はプレドニン5mg×4錠だったのですが、その10倍の効力のあるリンデロンの0.5mgに代わり、12錠になりました。これで効かないときには、10日間ほど入院してステロイドの点滴になるそうです。
原因の菌やウイルスは、まだ特定されていません。ただ十年前に顔面神経麻痺をやったことがありますが、顔面神経麻痺はヘルペスウイルスが原因のことが多いそうで、そのヘルペスウイルスが網膜にはいると網膜壊死を起こして視力が回復しなくなるので、眼科医は今そちらを警戒しています。兆候が見られたら即入院手術だそうで、手術は目の中を開けて中をきれいにするそうです。具体的にどうするのかは、聞きませんでした。そして押さえにインターフェロンを使うそうです。ひょっとすると、ひょんなところで4回目が始まります。網膜壊死は早期発見早期治療(手術)しかないそうで、しばらくは週2回病院に通うことになりました。

手術にならなくても、少し時間はかかるようです。
眼科医:「ステロイドの量を増やせば治まるのはわかっているんですけど、副作用が怖くて。胃潰瘍の危険があるほか、むくみ、火照り、いろいろ出ます。」
小生:「インターフェロンで慣れていますので、多少の副作用は平気です。」
眼科医:「まあ、インターフェロンほどはありませんけど。」
小生:(なんだ、なら大丈夫だ)
眼科医:「長期戦を覚悟してください。3ヶ月くらいかかります。」
小生:(なんだ、たった3ヶ月か)「はい。」
一般とかなり感覚がずれているようです。

帰りに自宅近くの内科医(IFNを打ったところ)によって、ヘルペスウイルスのことを聞いてきました。神経が大好きで神経の中に潜み、身体の抵抗力が落ちたときに暴れ出すやっかいなウイルスだそうです。なおステロイド12錠は通常入院治療になる量だそうで、身体の抵抗力が落ちるので、ともかく疲れないように、と言われました。もう目の疲れ云々の段階は、通り越しています。

« ぶどう膜炎、その後 | トップページ | 無事退院しました »

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

南海さん、お大事になさってください。

こういうときに妙なトラックバックが.....
意図的にやってる奴がいるのかなあ。

南海さん、ごめんなさい、ちっとも知らなくて。実家の母はヘルペスで帯状疱疹をやりました。疲れているときに悪さをするようですね。ゆっくり休まれて下さい。コメントは残しちゃいますけど返事はいりません。

どうか、無理をされませんように。私も昔ヘルペスで帯状疱疹をやりました。これはもう信じられないほど痛くて大変な思いをしました。疲れが対敵です。ゆっくり休んで下さい。お大事に。

わくちゃんのところで、緊急入院の件、伺いました。肝臓、心臓、の次に眼ときて、なかなか休まりませんね。ひとつひとつ乗り超えて行かれるといいなと思っております。
これを読むのは大分先の事になるのでしょうが、応援しております、お大事に。

そこまで深刻なことになっているとは、本当に驚きました。が、非常に冷静に対処されているところが南海 凡吉さんらしい。読んでいて救われる思いがしました。
一刻も早いご回復をお祈りいたします。
お返事など、どうかお気になさらず(治った後読んでくれたら嬉しいです)

眼の快方お祈りします、南海さんの精神力信頼しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぶどう膜炎、その後:

» 南海凡吉さんの目の状況(代理ご報告) [C型肝炎治療状況]
南海凡吉さんよりメールを頂戴しました。 南海さんのメールをそのまま転載(部分的に [続きを読む]

« ぶどう膜炎、その後 | トップページ | 無事退院しました »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ