« 一週間経って | トップページ | 高校の同窓会名簿 »

2005/09/03

ニッサン・プリンス・ロイヤル

2005年9月3日

天皇陛下の公式乗用リムジン(御料自動車=以下御料車)として使われていたニッサン・プリンス・ロイヤルがついに引退し、次はトヨタ車に変わるという記事が出ていました。
この御料車、ベンツやロールスロイスなど、ずっと「外車」だったのが国産車に切り替わるという発表があったのが、1966年でした。造ったのはトヨタ、日産の2大メーカーではなく、どちらかというと中小メーカーだったプリンス自動車でした。元々プリンス自動車は1952年の皇太子殿下(現在の天皇陛下)の立太子礼を記念して社名をプリンス自動車とし、乗用車を献上したいきさつがあるため、皇室といえばプリンス自動車といった時代もありました。現在のように日本車が世界を席巻するはるか前の時代で、海外ではかなり驚きを持って受け取られたようです。クラッチだけは国産品に良いものがなくアメリカ製を使用したため、アメリカのメディアが「クラッチだけはアメリカ製」と報道していたという新聞記事の記憶がありましたが、今回調べてみたら、使われていたのはGM製のトルコンでした。
この発表に一番悔しがったのは、同じ1966年にトヨタ2000GTで数々の世界記録を作って意気軒昂だったトヨタ自動車のようで、当時実家に送られてきていたトヨタの広報誌「モーターエイジ」には、プリンス・ロイヤルの外板仕上げ(手たたきです)がでこぼこしていて、トヨタ2000GTの仕上げ(同じ手たたき)の方がきれいだ、といった対談記事を載せていました。よっぽど悔しかったのでしょう。
今回トヨタにとっては40年来の念願が叶ったわけです。

こんな話を知識ではなく、リアルタイムに覚えているわけですから、頭が薄くなるのも無理はないかな。

« 一週間経って | トップページ | 高校の同窓会名簿 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

トヨタ2000GTは憧れの車でした。
カッコいいポスターを壁に貼って。
歳月は川のように流れていきますね。年をとっても人生は楽しいでしょうか。INFの副作用でちょっとウツが入っているので、色々なことを考えてしまいます。

>フジモトさん、こんばんは。
トヨタ2000GT、かっこよかったですねえ。ボディーラインもそうですが、あのスポークホイールが何とも言えませんでした。名神高速道路でテストしたら、クラウンより燃費が良かった、という記事が出ていましたっけ。
小生も、歳を取って自殺するような世の中になるのなら、何も苦しい治療をする必要はないな、と考えたこともあります。ただ小生の場合は、心臓の手術を勧められて派手に落ち込んだあと、逆に回復しました。全く修羅場向きに出来ている、どうしようもない性格です。
会社では小生のペグ終了を待っていたかのように、新しいプロジェクトが動き出しました。

やはり女だからか同世代だけど、車のことについての記憶は全くないです。車のカッコヨサとかも全く理解出来ません。あぁ、主人もあまり興味なさげですね。
ただ、車はトヨタと決めてますね。メンテあんまりしなくても故障しませんから。今乗ってるのはファンカーゴとヴィッツですね。いつかはクラウンと思ってますが、きっと死ぬまで乗れないかもです。地元M車は嫌いです。お向かいの車しょっちゅう調子悪そう。

gukkyさん、こんにちは。
この66年当時は実家の車(商用車)はトヨタでしたが、やがて三菱になりました。キリンビールの代理店が皆三菱車に変えたのは、このあとです。だから今でも、酒屋さん(特に卸屋)さんの車は、三菱が多いですよ。
小生自身は30年前に車を手放し、山形にいた2年間(社有車に乗っていました)以外はずっと車無しです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニッサン・プリンス・ロイヤル:

» PMC(プリンスモータークラブ)の絵葉書 [煙草入れ(シガレットケース)とブリキの車]
R−380、R381、R−382とスカイラインGT−Rの絵葉書で貴重かと思うの私だけでしょうか? [続きを読む]

« 一週間経って | トップページ | 高校の同窓会名簿 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ