« 自宅近くにお仲間発見 | トップページ | 最近の医療費 »

2005/07/05

やっと疲れがとれました

2005年7月5日

土、日と二日間休んだせいか、それとも涼しくなったせいか、やっと疲れがとれました。今は上期の締め(うちの会社は6月末が上期の締めです)と下期の計画などでバタバタしており、少し頭が動くようになり、助かっています。なお疲れがとれた要因が涼しくなったせいだとすると、梅雨明け後の10日間(一番暑いとき!)が一つの山です。

7月3日のkazuさんの記事(http://blog.livedoor.jp/c_kan/tb.cgi/27076895)に、インターフェロンで完全著効後、5年以内に肝臓ガンが発症する事例が少なからず出現してきた、という話がありました。肝臓ガンは「発ガンスイッチ」が入ってしまうと、ガンの原因が無くなっても数年後にガンまで進行してしまうので(島村善行著、「肝臓ガンと肝硬変」)、著効になってもガンが発生することがあるんでしょうね。ペグ+リバのおかげで発ガンスイッチがすでに入っている人でも著効となる例が増えるでしょうから、こういう例はこれから増えるかも知れません。

今日は火曜日、ペグ終了。あと6回。

« 自宅近くにお仲間発見 | トップページ | 最近の医療費 »

C型肝炎治療記」カテゴリの記事

コメント

治療費の件そんなに急いだお話ではないので、体調のいい時でいいです。ごめんなさいね。

なるほど、「発ガンスイッチ」ですかって、感心してる場合じゃないけど(笑)
5年以内って云うのは、現在はそれ以上のデータがないだけの話しでこれはもう一生ものですね、キット。

kazuさんところで見ましたよ

C型肝炎から肝臓ガンへ移行、
発ガンへのスイッチがON。

その後、原因であったウィルスが消滅したとしてもすでに時は遅しということか

IFN投与するとガンへの移行率は下がると言われているから

肝炎といわれたらガンの予防的には躊躇なく
即投与すべき?

取りあえずIFN投与と発ガンとの因果関係さえなければそれでよしかな。

はじめまして。chokobananaといいます。gukkyさんの跡を追ってるみたいですけど、無理をしないでくださいね。でも頼りにしています。

コメントありがとうございます。

>gukkyさん
来年の確定申告のために今年の半年分を整理しようと思っていたところなので、ついでです。とは言うものの、すぐに余計なことを始めるので、なかなか先へ進みませんけど。

>kazuさん
発ガンスイッチが入って5年も経てば、ガンが発見できる大きさになっている、ということもあるんでしょうね。

>はちさん
島村先生は、インターフェロン治療は発ガンスイッチが入る前に行え、という意見ですね。INF投与と発ガンの因果関係の話は、聞かれたことはあります?

疲れはためないのがきほん。やばーいと思いったら、全部投げ出して、はよ寝ましょう。By gukkyさん。

因果関係については詳しいこと解らないですね~。

もしIFN投与の過程で何らかの原因が生じ発ガンへのスイッチが誤って入ってしまう可能性があると仮定すればこれが最大の副作用ですが・・・

しかし
どうせ肝炎を末期は 肝がん・肝硬変

現在ではIFN投与が最善手としときましょうか(^^

但し、著効になっても医療機関とは長い付き合いになりそうですよね。

あと 投与ももう少しですね、頑張って下さい。
 

kazuさんところに今回の発ガンスイッチについて加藤先生からの完結(答え)が書き込んでありました。
島村先生と同じですね、IFNとの因果関係ではないそうです(^^。

コメントありがとうございます。

>chokobananaさん
いらっしゃいませ。ひょっとすると今通われている東京の病院は、小生が良ーく知っている病院のような気がします。
chokobananaさんも富良野、美瑛に行かれたんですね。小生が行ったのは99年です。写真が少しホームページの「旅行記」にupしてあります。

>バンバンさん
12:26AMなんて書き込みは、良くないですね(^_^;。

>はちさん
ありがとうございます。kazuさんところで確認してきました。加藤先生直々のコメントとは、すごいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっと疲れがとれました:

« 自宅近くにお仲間発見 | トップページ | 最近の医療費 »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ