« バックナンバーの日付を修正しました | トップページ | 連休明けの土曜出勤日 »

2005/05/04

前言訂正

2005年5月4日

以前2回目のインターフェロンの時の記録(インターフェロンリターンマッチ記)を読み直しているとき、「こんなに書いた内容が少なかったかな?」と思いました。そこで昔のログをひっくり返してみら、「インターフェロンリターンマッチ記」はほとんど「公式」の話だけで、「すこやか村」の他の会議室に裏話を書き込んでいたことを思い出しました。
そこでC型肝炎関係のログをまとめ始めたのですが、2回目の時の治験用の説明文の抜き書きが出てきました。それによると、

通常の場合
   肝機能の改善:80%
   ウイルスの除去:30%

難治性C型慢性活動性肝炎の場合は長期投与を行っても
   肝機能の改善:40%
   ウイルスの除去:15%(比率で推定した値)

という数字でした。前回書いた(記憶に残っていた)75%は、おそらく肝機能の改善の数字です。小生はウイルスは除去できなかったものの肝機能は改善しましたので、40%の方に引っかかったことになります。
さて今回は、どうなるでしょう。

今昔のログを読み直してみると、昔の方が脳天気というか、明るかったです。無理して明るく振る舞っていた気が、しないでもないのですが。

« バックナンバーの日付を修正しました | トップページ | 連休明けの土曜出勤日 »

C型肝炎治療記」カテゴリの記事

コメント

だめ、今も”あかるく”行きましょう。めげないで、前を見て。だって、スゴークく怖いもん。少々ちゃかしてないとやってられん。

バンバンさん、コメントありがとうございます。
確かに、無理してでも明るく振る舞っていれば、心まで自然と明るくなってくるものです。社会福祉の後退などいろいろ腹の立つことが多い今の世の中ですが、肩にばっかり力が入っていても、良いことは何にもないですね。
ちゃかすのも良いですし、「憎まれっ子世にはばかる」(本当は「はびこる」?)も良いと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前言訂正:

« バックナンバーの日付を修正しました | トップページ | 連休明けの土曜出勤日 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ