« ビッグサイトと幕張メッセのはしご | トップページ | 6ヶ月間のまとめ »

2005/04/24

最初で最後の永年勤続表彰

2005年4月24日

勤続20年で表彰されることになりました。小生は途中で2回転職しているので、今回が初めての永年勤続表彰です。

最初の会社には勤続10年の表彰制度がありちょうど10年間在籍したのですが、入社してすぐ結核のため1年間休職しているので、公式な勤続年数は休職期間の半分を引かれた9年半になってしまいました。退職時人事課に同期生がいたので、「あと半年いれば10年加算で退職金が倍になるけど、おまえどうする?」と言ってくれましたが、引っ越しを伴う転職の予定で子供の入学問題等もあり、勤続10年を待たずに退職しました。

今の会社には5月に入社したので今年で実質満21年になりますが、その21年の中の13年間はC型肝炎と絡んでいます。そしてインターフェロンの投与期間が丸2年半です。自分ではこの2年半を差し引いても会社にはプラスになっていると思っていますが、会社の受け取り方はどうだったのでしょうか。ちなみにインターフェロンを開始した93年以降は昇格していませんが、降格もされていませんので良しとすべきでしょう。

次回の表彰対象時には66才になっているので、役員にでもならない限りは会社にいることはありません。従って、今回が最初で最後の永年勤続表彰になります。さて、副賞の旅行券でどこへ行こうか。

« ビッグサイトと幕張メッセのはしご | トップページ | 6ヶ月間のまとめ »

C型肝炎治療記」カテゴリの記事

コメント

南海さんの会社でも20年目などの節目にはそういうことがあるわけですね。私も今年は勤続20年でして、一週間の休みと雀の涙ほどの手当てが出ます。でも遠出をする気力がでてこないなあ~

わくちゃん、コメントありがとうございます。
小生の会社は旅行券は出ますが、特別休暇はありません。わくちゃんの会社は休暇一週間ですか!いいなあ。
先日久しぶりに姉に会いましたが、その後「お前相当くたびれた顔をしていたけど、無理していないか?」と電話がかかってきました。インターフェロンがペグに変わり少し楽になったため、ちょっと飛ばしすぎているのかも知れません。無理は禁物!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最初で最後の永年勤続表彰:

» C型肝炎に緑茶が有効 [35歳から始めた事]
静岡県の掛川市立総合病院ではC型肝炎の治療法のインターフェロンとリバビリン併用療 [続きを読む]

« ビッグサイトと幕張メッセのはしご | トップページ | 6ヶ月間のまとめ »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ