« 航空券を予約 | トップページ | 寒いとやはり調子が悪い »

2005/04/12

コーヒーと紅茶

2005年4月12日

小生は元々は紅茶党だったのですが、10年ほど前にコーヒーの味を覚えてしまい、朝早く会社に出て簡易ドリップ式でコーヒーを入れるようになりました。他にインスタントも含め、会社では一日に3~4杯のコーヒーを飲んでいました。ところが元々あった僧帽弁の閉塞不全に加え、この所不整脈もひどくなり(期外収縮頻発)、さすがに医者から「一日一杯にしなさい」と言われてしまいました。

そこで会社ではコーヒーは朝だけにし、そのほかは自動級茶器のお茶に変えました。飯野四郎先生の新しい本「最強のC型肝炎治療法」(講談社)には、C型肝炎の人は肝臓に鉄がたまりやすく、これが肝炎を悪化させる要因にもなっている、と言う記述があり、「一日に1リットル以上のお茶(緑茶、紅茶、何でも)を飲め」という内容の記述もあります。そのため、コーヒーをお茶に変えたことは小生にとっては一石二鳥になっています。なお休日は500mlのペットボトルの紅茶を買ってきて、それを飲みながらビデオを見ています。夜には紅茶を2杯飲んでいますので、食事の時のお茶と合わせると、一日1リットルのお茶は飲んでいるでしょう。なお、これが本当にC型肝炎に効果があったのかどうかは不明ですが、この所ウイルスはずっとマイナスですから、悪くはなかったのでしょう。

« 航空券を予約 | トップページ | 寒いとやはり調子が悪い »

C型肝炎治療記」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
コーヒー、肝ガンにはいいようですね。
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/lifestyle/364809
わたしはどっちかっていうと水派です。毎日2Lを目指して飲んでいますが、1Lが限界ですね。
ちょくちょくよらせていただきます。ではでは。

藤居と申します。私も新米C肝患者で、ペグ+リバ治療中。勝手にウォッチしております。
なるほどいい事聞きました、水をがぶ飲みします。この前血液検査で尿酸値もなぜか高かったので、通風にならないためにも。
コーヒー自体は、肝臓に良いって話なので、毎朝一杯は飲むようにしています。

南海さん、こんにちは。私もその本を読んでお茶に変えました。でもやっぱり、コーヒーが懐かしいかなあ。
藤居さんと一緒で、私も先週の血液検査で尿酸値が7.5まで上昇していました。ビールなど飲んでいないのに。卵が良くなかったんでしょうか、それとも治療の影響があるのでしょうかね?

CXQ02002さん、コメントありがとうございます。
コーヒーの効果はいろいろ聞いていたのですが、肝ガンにも良いのですか!
お待ちしております。お立ち寄り下さい。

藤居芳生さん、コメントありがとうございます。

同じ治療をやっているお仲間がいらっしゃると、心強いです。
コーヒー自体は肝臓には良いようですが、小生は心臓に難があったので(;_;)。
さすがに小生も、朝の一杯だけは止められません。

わくちゃん、コメントありがとうございます。

わくちゃんに刺激されて、小生もココログを始めました。よろしくお願いします。
小生の病院では(あるいは、小生は)尿酸値は検査対象に入っていません。小生の体重は標準値よりややマイナスですから、そこを見たんでしょうか。
藤居さんにも書きましたが、朝の一杯だけは止められません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーと紅茶:

« 航空券を予約 | トップページ | 寒いとやはり調子が悪い »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ