« 高額医療費 | トップページ | 1月分の結果です »

2005/01/22

2回目の時は、、

2005年1月22日

C型肝炎についての新しい本を入手したのを機会に、2回目の時のインターフェロンの注射記録を見直してみました。期間は1年半ですが、97年から99年にかけて、足かけ3年にわたります。
従来のインターフェロンは最初の連日が終わると、後は週に3回です。月、水、金、又は火、木、土の繰り返しになりますが、体内のインターフェロン濃度から言うと、「連日をさけ、間隔は中2日まで」と言うことになります。

ところが生活をしながらとなると、行事はある、出張はある、また祝日や医療機関の休日もあります。1年もしくは1年半を通してこのローテーションを守り通すことは、不可能に近いです。小生も1年半の間に、連日が14回、中3日が9回ありました。さすがに3連投や中4日はありませんでしたが。

その点週1回で良いペグインターフェロンは、1日ずれても体内インターフェロンの濃度変化はあまりありませんから、治療効果が期待できるかも知れません。

« 高額医療費 | トップページ | 1月分の結果です »

C型肝炎治療記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2回目の時は、、:

« 高額医療費 | トップページ | 1月分の結果です »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ