トップページ | 2004年9月 »

2004/05/22

3回目のインターフェロン、予告編

2004年5月22日

みなさん、こんにちは。

今年になってGOT,GPTとも高くなっており、今年の暮れに「ペグ+リバビリン」で治療を行う予定になっていました。ところが先月にGPTが120を超え、急遽前倒しを行うことになりました。

現在「ペグ+リバビリン」の認可が下りているのは、半年だそうです。そしれ1年の認可が下りる予定が12月。そこで6月以降に「ペグ+リバビリン」で治療を開始し、半年たった時は1年の認可が下りるのでそのまま1年の治療を行う、という寸法です。

今月多少落ち着いてきたので、「6月以降だったらいつでも良い」ということになり、7月末か8月始めから治療を行うことにしました。そこから1年です。

ペグは一週間に1回の注射なので通うのは楽ですが、強力な薬ほど副作用が強いのは当然で、2回目の時も結構辛かった副作用が多少心配ではあります。

新しい薬はことごとく動物実験が失敗しており、向こう5年間は新しい薬は出ないとのこと、ウイルス駆除を目的とした強力な薬を使うのは今回が最後になるでしょう。

小生は恵まれており、1回目のインターフェロンは東京都の「特定疾患」、2回目は治験と、今までほとんど経済的負担無しでインターフェロンを受けてきました。ところが今回は保健の自己負担率が30%に上がった上に高額医療費の自己負担限度も上がっており、かなりの出費が必要になりそうです。まあ、ベンツを買うほどにはならないと思いますが。

2回目のインターフェロンを行って「インターフェロンリターンマッチ記」をNiftyの「すこやか村」に連載したのが、ちょうどFSKYWからFSKYPが分離した時。今回またフォーラムの改変時期に当たっており、なにやら因縁を感じます。

------------------------------
南海 凡吉です。
今回ブログを始めることになりました。よろしくお願いします。
2005年2月13日付までは、Niftyのフォーラム「すこやか村」の「患者交流館」に発表した内容に、一部加筆訂正したものです。途中から始めるとわからなくなりますので、過去の日記の後にリアルタイムで書き始めたいと思っています。

トップページ | 2004年9月 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ