2020/04/07

国際シンボルマーク

2020年4月7日

前回の話の、続きです。と言っても運動不足の話では無く、バスのステッカーの話です。
前回両備バスに車椅子マークが表示されるようになった、という話を書きましたが、このマーク、交通バリアフリー法に準じたものでは無いんですね。確かにバス自体の新車は交通バリアフリー法に準拠したものが導入されますが、車椅子マークを表示するかどうかは、バス事業者の判断によるもののようです。

この車椅子マーク、正式には「国際シンボルマーク」というらしいですが、国際リハビリテーション協会の指定が1969年で、JIS化されたのは2002年です。マークの使用管理は日本障害者リハビリテーション協会が行っており、ステッカーもここに注文するようです。表示するかどうかは、あくまでもバス会社の判断によります。まあ、車椅子対応ができていない車に表示することは、トラブルが起こるだけでメリットはありませんから、まずやらないでしょう。

なお余談ですが、岡山市内を走っている循環バス「めぐりん」はこの国際シンボルマークが付いており、車内にも車椅子固定の設備がありますが、料金は障害者割引に対応していません。

一方ベビーカーマークの方は、「公共交通機関におけるベビーカー利用に関する協議会」といういかにもお役所らしい名前のところで2014年に決定されたもので、JIS化は2015年です。同時に、ベビーカー禁止マークも制定されています。こちらも、表示の判断はバス会社によります。

両備バスは2019年頃から在籍するノンステップ車及びワンステップ車のすべて(おそらく)に表示するようになったようです。一方岡電バスは2014年導入のノンステップ車が車椅子マークを、2017年以降導入車はノンステップ車のみ車椅子マークとベビーカーマークを表示していますが、ワンステップ車には表示が無く、また過去に導入されたノンステップ車への追加表示もありません。このあたりが同じグループ会社でも対応が分かれているところですね。

2020/04/04

高齢者の運動不足

2020年4月4日
0806img_95221a コロナ騒ぎで各地の施設が休みになり、またイベントも中止されるとあって、高齢者の運動不足が問題になってきているそうです。年金生活の高齢者の一員(あまり自覚はありませんが)としては、できるだけ健康でいて、貴重な医療資源を使わないに越したことはありません。

 

岡山の実情は、職員に感染者が出たため市立中央図書館は臨時休館になりましたが、休館しても内部の業務は継続しており、また他の市立図書館は開いているため、本の貸し出しは多の図書館に転送してもらえば不自由はありません。返却は返却ポストが従来通り開いています。カルチャーセンターの方は、「風邪気味の人は来るな」「家族が風邪気味の人も来るな」との掲示はありますが、一部を除いて開いています。

 

とは言え、撮影旅行は行きづらくなりました。本来は今日はAと一緒に九州を回っているはずだったのですが、これは延期です。また一人で高0806img_180801a知に行くことも計画していたのですが、高知も何やら不穏ですね。近場の撮影で我慢です。
 その近場の写真を整理していて気がついたのですが、両備バスのワンステップ車は以前は何も表示が無かったのですが、どうも昨年(2019年)あたりから車椅子とベビーカーのステッカーを前面に張り出し始めたようです。これは撮っていないワンステップ車の写真を改めて撮らねば。なおこのステッカー、岡電バスは車両の前後にありますが、両備バスは前だけです。そして岡電はワンステップ車にはこの表示は無く、表示があるのはノーステップ車だけです。
Img_83921a おまけの写真、これは昨日旭川で取ったものです。しつこく繰り返しますが、岡山の旭川(あさひがわ)です(^_^;。

2020/03/31

葉山ハートセンター

2020年3月31日

昨日のNHK9時のニュースのコロナウィルス関連のニュースの中で、「一般病院でコロナ患者受け入れ」の経験病院として、葉山ハートセンターが出てきたのにはびっくりしました。ここでダイヤモンドプリンセス号の患者の中で軽傷者を受け入れていた、というんですね。ここは元々心臓病の専門病院で、他の病気は風邪すら見ないと言う徹底したところだったのですが、そこで畑違いの患者を受け入れていた、というのが驚きでした。

ここは2015年に内紛かお家騒動か、小生がお世話になった先生も含め、外科も内科も大量に先生方が退職したことは知っていたのですが、それから病院として立ちゆかなくなり、2017年に立て直しのために1次救急の受け入れを始め、地元の方のために一般内科も始めたんですね。手術件数も少なくなり、病棟に余裕があったので受け入れたのでしょう。コロナウィルス患者を受け入れていた間に2次感染を出さなかったのは、さすがです。

ここは日本で初めてバチスタ手術をやったことでも知られているのですが、現在の陣容ではバチスタ手術は無理でしょうね。

この葉山ハートセンターからかなりの先生方が移ったのが大崎の東京ハートセンターで、小生も自分の手術の前の検査の時(2016年)は、ここでのセカンドオピニオンも考えていました。ところがここもお家騒動があったらしく、2019年8月に民事再生法の適用を申請。現在は心臓外科自体がなくなっていました。先生方は、ばらばらのようです。

月日の経つのは速いものですが、医療の世界は数年経つと様変わりしますね。

2020/03/30

旭川の菜の花

2020年3月30日
Img_80701a 昨日、天気が良いので久しぶりに旭川に写真を撮りに行ってきました。岡山の旭川です、念のため。外出自粛依頼が出ている東京大阪とは違い、岡山の感染者は感染源が海外や東京とすべて追える状態で、まだ市中には広まっていません。最も旭川へは、ほとんど貸切状態のバスで近くまで行き、たまに人とすれ違う土手を歩いて行くのですから、渋谷や新宿に出かけるのと訳が違います。

 

旭川は桜の名所でもあるのですが、小生が行くあたりは目的は「鉄」で、桜はありません。ただ菜の花がきれいで、菜の花を入れて撮ってみました。小生はどうもこうやって何かを一緒に入れて撮るのは、あまりうまくないですね。
Img_80581a ラッピングした115系が来たので一応撮ってあとで拡大したら、サッカーのファジアーノ岡山でした。

2020/03/26

アルコールアレルギー

2020年3月26日

小生は、アルコールアレルギーです。アナフィラキシーが起こるほどのものではありませんが、注射の時にアルコールで消毒すると、あとが真っ赤になります。みんなそういうものだと思っていたのですが、一度病院で話して、非アルコール系の消毒薬を使ったら赤くならず、アレルギーだということがわかりました。酒は、飲んでいます。どうせ赤くなるから同じだ(笑)、というのではなく、アルコールの濃度がまるで違うんですね。注射の時の消毒は、大抵のところはエタノールの70%~90%濃度です。ところが飲む分は、ビールだと5%にしか過ぎません。最近はウイスキーのお湯割りを飲んでいますが、それでも10%~15%ですね。

行きつけのファミレスの入口に、アルコール消毒薬がおかれました。しかも係員がいて、「消毒にご協力をお願いします」です。アルコールはアレルギーだということで断ったのですが、そうしたら、「では手洗いをお願いします」というので、洗面所で石鹸を使って洗ってきました。取るときにはドアは手を使わずに(触らずに)肩と肘で開けましたが。

先月高松に瀬戸フィルを聞きに行ったときも、休憩時間にアルコール消毒薬を持った係員が「消毒にご協力をお願いします」とやっていたのですが、その時もアレルギーだということで断りました。

ただこれからこういう機会は増えていくだろうし、いちいち断るのも面倒なので、おいてある消毒液をちょっと手の甲に付けてみて、どうなるか確認してみました。しばらくおいたら何となく赤くなりそうな感じだったのでおしぼりで拭き取りましたが、注射の時の消毒薬よりも反応はずっと弱いですね。これなら、手の内側(甲より皮が厚いです)に付けてそれからおしぼりで拭き取れば平気なようです。帰って調べてみたら、手指の消毒用のアルコール濃度は、50~60%くらいでした。微妙な差ですね。手の甲の感じからすると、プッシュ式のボトルに入っているため揮発したり何やかで、公称濃度より薄くなっているようです。

消毒のためではなく、波風を立てないようにするためにアルコール消毒薬を使うという、実に本末転倒なのですが、同調化圧力の強い日本社会ではこうなるのでしょう。ただ小生のアレルギーはこのくらいで済みますが、もっと反応の強い人は大変でしょうね。ちなみに小生が注射の時に使ってもらっているのはおそらくクロルヘキシジンですが、これはこれで一般用の消毒薬として使うにはまたいろいろやっかいな問題がありそうです。

2020/03/23

曹源寺のしだれ桜

2020年3月23日


20032321a 曹源寺というところに行ってきました。岡山駅から路線バスで20分くらい、旧岡山藩主池田家の菩提寺です。さすがは池田家の菩提寺だけあり、大きいですね。今の見所は庭にあるしだれ桜で、満開でした。参拝客も平日とあって数人くらいで、写真もきれいに撮れました。この曹源寺、観光客が訪ねてくることは全く想定されておらず、案内図など全くありません。事前の情報がなかったら、本堂だけ見て庭は素通りします。


20032323a バス停を降りて曹源寺に行くときに五重塔らしきものが見えたのですが、境内からは全く見えないので、一度離れて場所を確認し、登ってみました。ここも案内標識などはなく、一応木で土留めはしてあるもの、完全な山登りです。もう少しそこがギザギザになった靴の方が良かったです。死ぬかと思ったのですが、何とか登り切りました。三重塔です。塔の前から、児島湖が見えました。


20032335a 昨日5月の熊本行きのことを書きましたが、同窓会は延期になりました。それにともない、いつも写真を出品している芸術祭も延期になりました。じっと家にいるのも気が滅入るので、どこか近場で、人の少ないところを考えます。

2020/03/22

大分行き中止

2020年3月22日

今週の中頃大分に行く予定でしたが、中止しました。カミさんと二人のいわゆる観光旅行で、うみたまごに行き、義父母が戦時中に疎開して良い印象だったという臼杵の街を歩き、カミさんは大分県立美術館に行く予定でした。ところがコロナ騒ぎで県立美術館は休館、うみたまごは開いているものの、一昨日あたりにクラスターが発生してしまいました。

ちょっと前に厚労省が発表したクラスター地図に一人しか感染者がいない大分県が載っており、大分県が抗議して訂正されました。ところが皮肉なことに、今度は本当に大分市でクラスターが発生してしまったわけです。おまけに臼杵の方もいるという話で、まあこういうご時世、不要不急の最たるものの旅行ですので、中止することにしました。

大分行きは特に季節に関係していない計画なので、また落ち着いた頃計画します。来年になったりして(^_^;。
5月に熊本で同窓会がありますが、どうなるかなあ。

2020/03/20

創られた日本の心神話

2020年3月20日

「創られた「日本の心」神話」輪島祐介著、光文社新書。2010年の刊行ですから、10年前の本です。県立図書館では書棚から姿を消し、書庫に収納されていました。

演歌を「日本の心」という風潮に何か違うと思っていた小生にとって、納得できる本です。「演歌」は「日本の心」か、という問いに対しては単純な肯定否定では答えられず、また簡単に答えられるような問いではない、というのが本書の結論ですが、かなり人工的に創作されたのは確かですね。そもそも「演歌」の範囲も、時代によって広くなったり狭くなったり、どうも現在では美空ひばりさえ「演歌歌手」に入れられているようです。小生の感覚では、美空ひばりは流行歌手ではあっても演歌歌手ではありません。なおひばりの「真っ赤な太陽」は違和感があるとこの本には書かれていますが、小生には全く違和感はなく、ああいうアップテンポの歌もひばりの一面だと思っています。

明治大正期の演説歌である「演歌」ではなく今の「演歌」という言葉が定着する過程において、五木寛之氏の創作が(五木寛之氏は小説家です)大きな位置を占めているみたいですね。創作がいつの間にか史実と混同されるのは、よくある話です。また、レコード会社の専属の問題やらレコード会社内の縄張り争いやら、左翼と新左翼と対立やら、演歌が出てくるのにはいろんな社会的な現象/状態も絡んでいるようです。

自分が不勉強なのですが、この本で初めて知ったことも多々ありました。ヨナ抜き五音階は日本の伝統ではなく、明治以降に入ってきた西洋音階を歌いやすくするための和洋折衷の産物(五音階自体はかなり古くからあるようですが)、「東村山音頭」は東村山市が委嘱して創った新民謡がオリジナル(志村けん版はその替え歌)などなど。

気になったものの本書の主題と外れるため明らかにされなかったのは、昔は「良い子は歌ってはいけません」と言われた歌がいつの間にか大手を振って表通りを歩くようになった過程です。既成左翼・進歩派がめざした「健康で明るい歌」(労音などがそうでした)を否定する新左翼が力を付け、現在の日本の知的ジャーナリズムもその延長にあるためのようですが、下品なものは下品です。

この本の主題からは離れてしまいますが、現在熊本県の民謡代表として「おてもやん」が挙げられています。ただこの歌、元々は酒席で歌われる歌のため内容は下品で、それこそ子供の頃は「あんな歌を歌ってはいけません」という歌でした。どうも1970年頃から大手を振って歩き出したようなのですが、未だにこれがNHKで放送されると抵抗があります。熊本民謡というと、やはり「五木の子守歌」でしょうか。なお手まり歌の「あんたがたどこさ」は関東の方言で歌われており、熊本民謡ではありません。

2020/03/19

バスビジョン-つづき

2020年3月19日

 

以前「バスビジョン」というソフト/アプリがあることを書きましたが、その時に書いたように、バス1台1台の個別運行状況がわかります。例えば、岡電バスの555号車は今13系統の運用に入っていて、今大元駅前から市役所に向けて走行中、とかいうのがわかります。元の運用管理ソフトからデータを取っているらしく、その上に運行状況はGPSですからレスポンスが早く、目撃情報が主体の貨物用機関車の運行状況よりも早くて正確です。987img_328281a

 

こんなバスマニア(どうも結構な数が居るようですが)向けみたいなアプリ、誰が使うのかと思ったのですが、岡電にはチャギントンバスやたまバス、スカイビューバスに黒の助と変わったバスが多いので、「これに乗りたい!」という人、特に子供連れには重宝でしょうね。

 

ただバスの運用は1運用が1時間から2時間と短く、全体の運用がわかっていれば「この運行の次はこれに入る」という予想ができるでしょうが、すぐに「運行状況がありません」(実車は回送中か待機)になってしまいます。運用に入ったら基地に戻るまで3,4日もかかるという貨物列車と違って、家でデータを取って待ち構えるわけにはいきません。そこでスマホのアプリが出てくるわけで、結局スマホで使い出してしまいました。写真撮影の効率は上がりますね。さあて、パケット量はどのくらいになるかな。

 

なおバスの運行はわかっても、その前の塗り替え状況は実車を見ないとわかりませんので、まめに眺めておかないといけません。なにも「いけない」ことはないんですが(^_^;。写真は、広告が「一建設」から「岡山シーガルス」に変わった岡電987号です。

2020/03/17

月1回の心臓の検診

2020年3月17日

月1回の、心臓の定期検診に行ってきました。近所の内科です。この内科、小児科を併設しているためいつもは午前中はすごく混むのですが、行ったときは駐車場に車はなく、待合室には誰もおらず、今日は臨時休診なのかと思いました。たまたまなのと、少し暖かくなったためか学校が休みのせいなのか、風邪の子供達が減ったようです。おかげで日頃の1時間待ちが、すぐに見てもらえました。

本来は今月は採血の月なのですが、今月初めにO大で肝臓を見てもらったときの血液検査の結果を出したので、今月は採血パスです。

体調は良いのですが、ちょっと気になったのが最近体重が増え気味なことです。以前は64kg台だったのが、最近は65kgを越えています。何とか65.5kgには行かないように気をつけてはいますが。体重が増えると心臓に負担が増えるので、ともかく体重管理には気をつけること、とのことです。

先生はOKを出していましたが、血圧が103/64で、ちょっと低いです。アミオダロンが抜けて落ち着いてきたようで、小生の本来の血圧になってきました。ただちょっと低すぎるんですね。この血圧だと、立ちくらみが起きます。その点だけ気をつけていると、大丈夫です。あと、血圧が低いと耳管開放症が起こりやすくなります。これが起こると、音の高さがわからなくなるので、歌えなくなるんですね。21日のヴォイトレの総練習(発表会がなくなったため)でソロをやるのですが、まあ、何とかなるでしょう。

花粉症が最盛期で鼻水がひどいと言った、点鼻薬をくれました。以前耳鼻科でもらったものと同じものです。先生、「耳鼻科のU先生はこれが好きだから」と言っていましたが、近所の開業医さん達はそれぞれの処方の癖をみんなご存じですね。

2020/03/12

気動車の前照灯

2020年3月12日
Dscn2944a 「ディーゼルカーのヘッドライト」と書いた方が通りが良さそうですが(^_^;。
岡山電気軌道の電車のヘッドライトがHIDに変わりつつあることを話題にしましたが、先日吉備線のキハ40をよく見たら、ヘッドライトがLEDに変わっていることに気がつきました。写真ではちょっとわかりづらいですが、ヘッドライトのケースの中にLEDの粒がたくさん並んでいます。岡山気動車区のキハ40/47の古い写真を引っ張り出してみたら、4年前の2016年はまだ白熱電球でしたね。キハ40系のヘッドライトはシールドビームのはずですから、SLに使っている白熱電球より先に、シールドビームの交換部品がなくなったのでしょう。自動車用のシールドビーム電球はまだ売っていますが、鉄道車両用のシールドビーム電球を作っていたのは1社か2社のはずですから、メーカーが生産中止するともろに影響が出ますね。
Img_41081a なお昔シールドビーム電球を作っていたコイト電工(小糸製作所の子会社)が、シールドビーム電球をそのまま置き換えられるLEDヘッドライトを作っています。

2020/03/10

運転経歴証明書

2020年3月10日

20030901b

警察署に行き、運転経歴証明書をもらってきました。写真付きです。おかやま愛カードの方が写真付きで、写真を提出したのは1枚だけだったのでてっきり写真無しだと思っていたのですが、両方写真付きでした。写真の鮮明さから見ると、運転経歴証明書の方が原本、愛カードがコピーですね。形態は、運転免許証と全く同じです。ただ有効期限が書いてないだけです。有効期限がないので、運転経歴証明書が身分証明書として使えるのは、長くて5年、短くて3年でしょう。あとはマイナンバーカードが頼りです。

 

小生が運転免許を取ったのは昭和42年(1967年)だったのですが、運転免許証の番号が今の形、最初の2桁が都道府県番号で、次の2桁が免許証を取得した年の西暦下2桁、となったのもその頃でしたね。西暦が下2桁なので100年経つと同じ番号が出てきますが、16歳で免許を取って、一回りするときは116歳ですから、まさかその頃まで免許証を持っている人はいないだろうとその当時は考えました。ただ最近の長寿社会を見ると、運転の可否はともかく、単なる保持ならあり得るような気がしてきました。あと50年弱、番号の付け方が変わるんでしょうか。

2020/03/09

そろそろ見えなくなる

2020年3月9日

眼科に行ってきました。具合が悪いわけではないのですが、花粉症が佳境です。「かゆい」より涙目ですね、特に今年は。鼻水の方が、ずっとひどいですが。傷はなく、花粉症だけ。またアレジオンを2本もらってきました。

今日は先に視力検査があったのですが、右目が一段と見えなくなりました。以前は指が、本数はわからないものの指であることはわかったのですが、それが指として認識できなくなり、この前の記憶では、明るい光をバックにすれば指が動く方向がわかりました。どうもそれも危なくなったみたいです。

家へ帰って確認してみました。かなり明るい光をバックにすれば、指の動く方向はわかりました。何か動いているな、という感じですが。どうやら完全失明になるのも、時間の問題ですね。そうなったらコンタクトもする必要がなくなります(すでに必要ない?)。駅ビルの改装工事にともなうマツ○トキヨシの閉店セールで、コンタクトの洗浄剤を買い込んでしまいました。無駄になるかな。

2020/03/06

半年に1回の、肝臓の検査

2020年3月6日

 

半年に1回の、肝臓の検査に行ってきました。C型肝炎が著効になったのが2006年3月、もう14年も経ちます。

 

朝8時半より前に着かないと一段と混むのですが、再来受付機に診察券を入れたら「このカードは使えません」。何やら今年からシステムが変わったのか診察券が変更になったようで、まず診察券の更新手続きです。手続きと言っても、担当者に診察券を渡しただけですが。そして新しい診察券を再来受付機に入れてOK。また、診察一覧表を入れるクリアファイルが廃止されました。しばらくきょろきょろしました。

 

そうこうしているうちに受付窓口が開いたのですが、無視してまず採血へ。採血受付2桁を狙っていたのですが、3桁になりました。それでも40分待ちです。採尿もあるのですが、いつの間にか、トイレの位置も変わっています。トイレ自体が改修されたようで、ドアが引き戸になっています。新しいトイレは、引戸ですね。目の前の段差が少し広くなり、診察一覧表が置きやすくなりました。

 

採血が終わって、いつものように超音波の受付を探すのにまごつき(実は採血センターの隣でした)、腹部超音波検査へ。予定の15分遅れですが、まあまあ。ところが、いつもは対して待たないのに今日はどういうわけか、45分も待ちました。おかげで次の内科診察前に朝食を食べるどころか、すでに診察予約時刻を過ぎています。そのためそのまま内科へ行き、おかげで待ち時間は少なく診察を受けました。
20200306a 血液検査の結果は(括弧内は半年前)、白血球数5.04(5.13)E3、赤血球数4.96(4.62)E6、ヘモグロビン14.9(13.7)g、血小板数186(207)E3、AST18(26)、ALT13(23)、γGT17(27)。Cのウイルス量はまだ出ていませんが、HBs抗原は検出限度以下(検出せず)です。薬がいろいろ終了になったおかげもあり、いろんな数値が良くなってきていますね。ただ一つ高かったのがクレアチニンで、1.14(1.17)でした。半年前よりは良くなっているとは言うものの、1月の行きつけの内科の検査では1.06でしたから、ちょっと高くなっています。このくらいのばらつきがあるものなのか、それとも花粉症の薬をザイザルに変えたせいなのか。いずれにしろ、大騒ぎするような値ではありません。

 

超音波検査でも異常なし。ちなみにフィブロスキャンは、3.5(正常値6以下)でした。次は9月です。

 

追記です。
診察前に朝食を食べ損なったので、診察後に食堂に行きました。ところが、食堂のモーニングは10時まで。前からそうだったのかどうかですが、ともかく時間オーバーです。そこで隣にあるU○Cコーヒーショップに行ったら、ここのモーニングは11時まで。値段は少し高いものの、種類も豊富です。今日は定番の、ベーコンエッグにしました。次回はピザトーストを食べてみよう。

2020/03/04

県立図書館のコロナ対策

2020年3月4日

県立図書館に行ってきました。毎週通っているので特に特記事項でもないのですが、コロナ対策として県立図書館ではホームページにこういうことが注意として書かれるようになったため、個別にはどういう対応になったのか、気になったのです。

【重要なお願い】

 利用者の皆様には、新型コロナウイルス感染症対策のため、次のとおりご協力をお願いいたします。
○閲覧席等の長時間のご利用は控えていただきますようお願いいたします。
○37.5度以上の発熱や強いだるさ、息苦しさがある方、その他体調に不安のある方についてもご利用を控えていただきますようお願いいたします。
○マスクの着用にご協力をお願いいたします。
 なお、館内に手指消毒薬を設置しておりますのでご利用ください。

この文言は、閲覧室のテーブルの上にも貼ってあります。

岡山だけか、それとも最近はどこの公立図書館もそうなのかわかりませんが、県立や市立の図書館では資料を持ち込んでの「勉強」は禁止されています。小生が高校生の頃は、「図書館で勉強」というのは、一種の流行でしたね。そのため図書館では資料(図書館の蔵書)を調べての研究らしき姿は見かけますが、試験勉強は見かけません。それどころか県立図書館では、居眠りしていても注意されます。長時間利用する人は研究や勉強より、行き場のない高齢者の方が多いかもしれません。

この「長時間」がどのくらいで注意されるのか、気になりました。雨のせいか、いつもより空いています。閲覧室では、特に駐車違反の摘発のような見回りは見かけませんでしたね。また小生は花粉症のためにマスクをしていますが、マスクをしていなくてもフリーパスです。これは「マスクをしてください。」と言っても「どこに売っているんだ!」と逆ギレされても困るからでしょう。マスクは、ずっと品切れのままです。

結局いつも通りで、たっぷり読んで、何冊かを借りだして帰りました。県立図書館は結構規制が厳しく、携帯が鳴ろうものならすぐ係員が飛んでくるのですが、この「お願い」は、積極的に図書館側が規制するのではなく、利用者の自覚に任されているようです。

«公演中止のチケット

フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ